もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

14ひきのかぼちゃ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

14ひきのかぼちゃ 作:いわむら かずお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784494008742
評価スコア 4.75
評価ランキング 631
みんなの声 総数 134
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いのちのつぶ。

    • みかっけさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    長男が小学校から毎日借りてくる図書館の本。
    一時期ずっと、このいわむらかずおさんの14ひきシリーズが続きました。
    この本を読む時は、“おとうさん、おかあさん〜”から始まる冒頭の文章を、兄弟交互に言うのが我が家ではすっかりお決まりの本読み開始の合図となりました。

    シリーズ中、私のお気に入りの1冊がこの「14ひきのかぼちゃ」です。
    おじいさんがかぼちゃの種をみなに《いのちの粒だよ》と話すところから始まります。季節の移り変わりとともにかぼちゃが成長していく様子、それを育てる家族の奮闘ぶり。大事に大事に育てたからこその収穫の喜びがあって…、そしてまた次の新しい命に繋がってゆく。
    かぼちゃの成長とリンクして、3世代で生活している家族からも繋がってゆく命を垣間見た気がしました。
    この本は手元に置いて、何度も読みたいなと思う本です。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • カボチャの成長

    一粒のタネから育っていくカボチャのことがよくわかります。
    カボチャのツルの繁殖力は、素晴らしくたくましさを感じます。
    ねずみ家族の感動も実感できました。
    大切に育てたカボチャで作ったパイでカボチャパーティー。
    ハロウィンの読み聞かせに良いと思います。
    おじいさんの「カボチャのタネは命の粒だよ」という言葉も素晴らしいと思います。

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育てる素晴らしさ

    「14ひき」シリーズの中の1冊で「かぼちゃ」がテーマの本書。

    かぼちゃの種を植えるところから絵本が始まっていきます。
    芽が出た所は、感動的ですね。
    そして、花が咲き、実りの秋を迎え、最後はみんなで美味しく食べるまでが描かれています。

    最後の一家団欒、自分たちで育てたカボチャで作ったコロッケ・まんじゅう・スープにパン、とっても美味しそうでした。

    見開きにある「かぼちゃのおなか」もお見逃しなく!!

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋にぴったり

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    14ひきシリーズは、朝ごはんくらいしか読んだことがありません。
    今回は、季節的に‘かぼちゃ‘とあったので、読んでみることにしました。
    種をまいて、水をやり、成長を眺め、そして待ちに待った収穫。
    みんなで育てたかぼちゃは、本当においしそう。
    「食べる」ことの原点がここにあるように思いました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家庭菜園したくなります

    学校の図書室で見つけたらしく、息子が教えてくれた絵本です。
    かぼちゃの種を植えて育てて、収穫するまでの様子が描かれています。
    芽が出て膨らんで〜♪ と思わず歌いたくなります(笑)
    小さなネズミさんたちが育てた、大きなかぼちゃ。
    収穫後にかぼちゃ料理が盛りだくさんの夕食、羨ましくなります。

    絵本を読んだ後、「うちもカボチャを育てようよ〜」と息子。
    マンションのベランダでは、かぼちゃを育てるのは無理そうですが、
    別の野菜でも育ててみようかなって思いました。
    自分で野菜を育てて食べるって素敵なことだなって教えられた気がします。

    掲載日:2009/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育です

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    一つのかぼちゃの種をみんなで力を合わせて育て上げ
    出来たかぼちゃを14匹で食べる。
    まさに食育です。
    私達には小さく見える種もねずみにとってはあんなに大きな種、
    かぼちゃもくり抜いて少しづつ運ぶんですね。
    大きな葉っぱにいろんな昆虫がかくれんぼです。

    我が家も去年かぼちゃの種をまきました。
    受粉に失敗して結局実りませんでしたが・・・
    今年はネズミたちを見習って大きなかぼちゃを作りたいですね。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「14ひきのかぼちゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(134人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット