しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おとうさんだいすき」 大人が読んだ みんなの声

おとうさんだいすき 作・絵:司 修
出版社:文研出版
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年12月
ISBN:9784580815346
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,788
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すてきな おとうさん!

    絵を見ながら ゆっくりと読んでいける
    静かな印象の優しさを感じました。

    かなり前からあった絵本らしいですが、
    私は知らなかったんです。

    長い歳月を経ても、
    もう「おばあさん」の私が一人で読んでも
    いいお話だと思いました。

    「ちきゅうの運転手」ということばも
    すてきだし、ものしずかで冷静に
    こどものこころを受け止める
    おとうさんの存在、やさしさ、あたたかさを感じました。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんの肩に

     森の動物の子どもたちの、おとうさん自慢のお話です。
     子どもたちが、おとうさんが運転できるものを自慢しあっています。けれど、くまくんのおとうさんは、なにも運転できません。がっかりするくまくんですが、、、。

     どんな乗り物よりも、おとうさんの肩に乗るのがいちばんですね。
     乗り物自慢していた子どもたちも、みんなおとうさんの肩にのって、うれしそう。
     モノクロで描かれた絵に、あたたかみを感じました

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  •  動物の子どもたちが集まって、自分のおとうさんの自慢をしています。
     おとうさんが、大好きなんでしょうねぇ〜。
     自転車に乗るのがとても上手なぞうくんのお父さん。
     自動車の運転が上手なお父さん・気球で飛ぶのが上手なお父さん・船長さんのお父さんまでいます。

     ところが、くまくんは困ってしまい、なんにも運転できないお父さんの所へ、・・・。
     ここで、お父さんの答えが素敵でした。
     どの子もくまくんのお父さんが羨ましくて、それぞれの家目指してサッと散るページが印象的です。
      
     “地球を運転している”っていう表現が忘れられません。
     
     お父さんが読んであげると、「ぼくも地球の運転手にして〜!」ってせがまれるかも知れませんね。

     絵も、エッツの「もりのなか」(福音館書店)やみやこし先生の「もりのおくのおちゃかいへ」(偕成社)に共通する雰囲気があります。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おとうさんだいすき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット