庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かみさまからのおくりもの」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

かみさまからのおくりもの 作:ひぐちみちこ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1984年09月
ISBN:9784772100779
評価スコア 4.74
評価ランキング 806
みんなの声 総数 208
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 育児に疲れてきた時に

    子どもに、というより、私のための絵本のような気がします。
    イヤイヤ期で、仕方ないと思いながらもしんどいなあ、という時にこの本に出会い、産まれて間もない頃の新鮮な喜びを思い出しました。
    色んな個性のある赤ちゃんがいて、人間だから良い面と悪い面があって、でもその悪い面というのもそもそも個性。。。場面によっては良く感じる時もあるでしょう。
    赤ちゃんは、本当に神様からの贈り物だと思って喜んだ時の気持ちを忘れないように、大切に慈しんで育てたいなあと、この絵本を読むといつもそう思います。

    掲載日:2013/05/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 生まれてきてくれてありがとう

    子育てしていると、
    いけないと分かっていても、
    ついつい姉弟で比べたり、
    お友達と比較したりしてしまうことがあります。
    でもこの本を読むたびに、
    この子にはこの子の良さがある。
    それが神さまからのおくりものなんだ。
    と気づかされます。
    子どもたちを出産したときの
    「生まれてきてくれてありがとう」
    をいつまでも忘れてないようにしたいです。

    子どもたちもこの本を読んで、
    「私は何をもらったのか?」
    「ちがうものももらえるのだろうか?」
    「今度はやさしいがほしい」
    なんて思ってもらえたら、
    とても幸せなことだなと思います。

    そして、私も神様から贈り物がほしい。
    「やさしさと強さと賢さと、それからそれから・・・」
    ああ、欲張りすぎると、何も届かなそうです。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子供は宝物

    ついつい子供にあれこれ望んでしまう時にこの本をよみました。
    それぞれの子供に個性があってそれぞれ良いところがある。
    念願の子供だったので産まれてきてくれたことが宝物なんだと改めて気づかせてくれた本です。

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 単純化させすぎなのかも

    親が癒される絵本だという点はわからなくもないです。

    でも、私は好きにはなれませんでした。神の存在を信じることも、人間の誕生が神によることも、それ自体は大きな違和感はないのですが・・・。子供の個性というものを非常に単純化し、それを、「あかるい」とか「げんきな」とか「やさしい」のような子供にもわかる一言でおきかえるということがしっくりこないのかもしれません。誰にでも、個性はもっと豊かに複雑に備わっていると思うのです。

    うまく書き表せませんが、大きなものを単純化させすぎて、そのせいでかえって子供の可能性を制限しているような気がしてならないのです。私が素直でないだけかもしれませんが。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 産まれた時を思い出す

    2歳10カ月の息子と読みました。
    小さい時から、何度か読んでいますが、ちょうど意味が分かるように
    なってきた年齢のように思います。
    病院の窓が一つずつ開いて、赤ちゃんが出てくると
    「ここに赤ちゃん来たね、さっきは閉まってたのに」と言って見ています。
    ちからもちを天使にもらった赤ちゃん、息子も力持ちなので、同じだなと思ったり、歌を歌うのが好きな赤ちゃんを見ても、息子もだ!と思ったり。
    この本を読むと、妊娠中や産まれた時の事、小さな赤ちゃんだった時のことを思い出します。
    そして、今は怒ってばかりいるけれど、素晴らしいものを持って産まれてきている!と気付かされます。
    時々、私が読みたくなる絵本です。

    掲載日:2012/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おくりものは何かな?

    • はるはるこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子5歳、女の子2歳、女の子0歳

    「あかちゃんがうまれれるとき、かみさまは ひとりひとりのあかちゃんに おくりものをくださいます。」

    5にんのあかちゃんにそれぞれ、ぴったりのおくりものを天使がはこんできてくれるおはなしです。
    よくわらう…ちからもち…
    それぞれ違います。

    うちの子たちは、なんの贈り物をもらったかな?
    子どもたちとおはなしするのは楽しいです♪
    子どもたちをほめたい時や、成長を感じたときは、この本を読みながら、「あなたはやる気をもらったからできるようになったんだね」なんて言ってます(^−^)

    切り絵風の絵がとてもやさしくてかわいい。
    色づかいも素敵♪

    かわいらしいので女の子に合うと思いますが、内容がとてもいいので、男の子女の子どちらにも読んでほしい本です(^^)v

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな全部もらってるよ

    神さまを子供に教えるのはとても難しい。死さえまだ良く理解できていないのに。サンタさんとも違うし。
    神さまの箇所は読まないで、読み聞かせしました。
    5つの贈り物があるけど、全部貰ったよと子供には話しました。

    全部息子を褒めながら読み聞かせすると、とても喜んでいました。
    お母さんの願いを贈り物として書いているのかな?

    掲載日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本好きな息子がたまに持ってくる一冊です。

    「ちからもち」「やさしい」など、息子にとってはまだまだ抽象的で言葉の意味が難しい本ですが、じーっと食い入るように本を見つめています。

    一昔前なら「男は男らしく」「女は女らしく」といった価値観が当たり前でしたが、それも今は昔。。

    息子に読み聞かせながら、「この子に与えられた贈り物は何だろう?将来どんな人に成長するのかな…」と想いを馳せています。

    作者の方があとがきで『子どもを親や社会の気に入るように変えようとするのは大人の横暴で、子どもの本来持っている個性を壊してはならない』という言葉に非常に感銘を受けました。

    子どもに接する全ての人に読んでいただきたい1冊です。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 贈り物はなあに?

    自分へのご褒美に購入。
    2歳の娘に読み聞かせるのはまだ先でいいかな、
    と思ってしまっておいたら、見つけられて結局読むハメに。

    「あかちゃんが うまれるとき かみさまは ひとりひとりの
    あかちゃんに おくりものを くださいます。」

    本文では5人の赤ちゃんそれぞれに、天使によって贈り物(個性?)が運ばれてきます。
    中でも、「ないているあかちゃん」への贈り物→「うたがすき」
    には感心してしまいました。

    娘に読んであげるとき、最後に必ず
    「○ちゃんはどんな贈り物をもらったのかなぁ?」と尋ねるのですが、
    答えは毎回 「リボン!」
    (裏表紙のイラストを見て、いつもこう言う…)

    理解出来るのはもう少し先でしょうか。

    掲載日:2014/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても素敵なお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    0歳と2歳の娘に読みましたが、親の私が感動しました。
    生まれてくる子供にはかみさまからのおくりものがある、というのはとても素敵なお話だと思いました。
    心があたたかくなります。
    成長してからも何度も子供に読んであげたいお話です。

    掲載日:2013/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かみさまからのおくりもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / だるまさんの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット