だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あかちゃん 1.2.3」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

あかちゃん 1.2.3 作・絵:しみず みちを
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1984年
ISBN:9784593561131
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,733
みんなの声 総数 15
「あかちゃん 1.2.3」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物と数

    1歳をを過ぎて、動物に興味をもってきたり、
    数かぞえると喜ぶようになった娘にはぴったりの絵本でした。
    一緒に数をかぞえながら、動物の赤ちゃんのかわいい絵を見るのが楽しいです。
    ぶたのあかちゃんの10匹めが、次のページにひとりでいるのもおもしろいみたいです。
    数を覚えるにもとてもいい絵本です。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数と動物の種類を覚えられる

    動物のあかちゃんが1、2、3…と増えていきます。

    子供が大好きな動物を数えることで自然と数字を覚えることができます。

    1歳の息子は私の真似をして、あかちゃん達を指差ししながら数える練習をしています。

    ゾウは1頭、クマは2頭、ねこ、いぬ、ぶたと多産の動物になるとどんどんあかちゃんが増えていき、動物の種類によって出産する数が違うこともわかりますので、子供が大きくなったら教えてあげたいと思います。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵はいいのですが

    1歳10ヶ月の息子に読みました。もうすでに動物の親子の本をたくさん見慣れているせいか、あまり反応しませんでした。むしろ、今の本の方がもう少しきれい(けっしてカラフルとかデフォルメとかいう意味ではなく)なので、リアルなんだけどシンプルすぎておもしろくなかったようです。

    また、数の概念もわかっているような、ないようなので、無理やり子供の数と合わせてもイマイチでした。

    掲載日:2009/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雑学にもよさそう。

    • しゆまさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子1歳

    1から10まで数にあわせて色んな動物が赤ちゃんを産みます。
    こんなにたくさん子供を産む動物もいるんだな〜としみじみ。
    「あかちゃんは?」というところで息子はなぜか必ず首を振ります。
    わかりやすい絵本で数をイメージするのによさそうです。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あかちゃん 1.2.3」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / くだもの / だるまさんが / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット