ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おぼえていろよおおきな木」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おぼえていろよおおきな木 作・絵:佐野 洋子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784061318847
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,636
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この絵本を読むと、ふっと気づくことがある

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    佐野さんの絵本って、元々哲学的なお話だな〜と、思っていたけど、この絵本は特にそんな感じがしました。
    おじいさんと「おおきな木」との見えない友情のようなものも感じました。こういう関係って、実はいろいろなところに転がっているんじゃないでしょうか?
    佐野さんの観察眼に「すごいな」と、改めて思いました。

    絵も、本のサイズもやや小さめなので、大勢いるところでの読み聞かせにはむかないと思いますが、
    出来たら1人読みより、誰かに読んでもらった方が、ずっと伝わってくるものがあるかもしれません。
    読めば読むほど味の出てくるお話なので、小学校高学年以上のお子さんたちにぜひ、お薦めしたいです。

    明日は下の子の誕生日です。
    記念に、といっては少しへんかもしれませんが、この絵本を読みました。
    いつも傍にいると(あると)、大切な相手だと気づかないこともあります。失ってから相手を大切だったと気づく前に、
    時には、対立したり、ケンカばかりしている相手と、どうしてこんなにぶつかってしまうんだろう。って、考えてみるのもいいかもしれません。
    この絵本を読むと、そんな気持ちが出てきます。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おぼえていろよおおきな木」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / やっぱりおおかみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット