だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

たろうのひっこし」 大人が読んだ みんなの声

たろうのひっこし 作:村山 桂子
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年2月28日
ISBN:9784834001372
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,360
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じゅうたん持っての引越し先は桜

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    『たろうのおでかけ』のたろうくんが、少し成長したのでしょうか、
    見た目がとてもりりしくなっています。
    自分のお部屋がほしい、というたろうくんに、お母さんは古いじゅうたんをくれるのです。
    これを広げたところが自分のお部屋。
    この発想に拍手!したいです。
    もちろん、たろうくんはこの発想をちゃんと生かすのですね。
    親子ともに素晴らしいです。
    ラストでは、桜の木の下に、たろうくんのお部屋が出現。
    それはそれは素敵な光景です。
    おやつの前に手を洗う、といったしつけもさりげなく描かれ、
    見事な作品だと思います。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 堀内さん

    堀内誠一さんの作品だったのでこの絵本を選びました。赤色をとても上手に配色しているのが素晴しいと思いました。主人公が自分の思いをしっかりと言葉にしてお母さんに伝えているのがカッコよかったです。部屋という定義を考えさせられる絵本でした。主人公がアイデアを駆使して行動していくのが良いと思いました。春にピッタリの絵本だと思いました。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たろうのひっこし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット