だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

100まんびきのねこ」 大人が読んだ みんなの声

100まんびきのねこ 作・絵:ワンダ・ガアグ
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1961年1月1日
ISBN:9784834000023
評価スコア 4.11
評価ランキング 17,660
みんなの声 総数 70
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワンダ ガアグは、アメリカの作家。見開きの絵がおしゃれだなあ。
    この絵本が白黒なのはいい。いろんな色の猫が出てきて、こんな猫かなって、自分で想像しながら、読み進めていくことができるから。
    猫たちが、けんかを始めて、食べっこしてしまったのには、ドキッとした。そして一匹だけ生き残った、やせこけた猫。無欲の勝利。
    この猫とおじいさんとおばあさんの幸せそうな絵がまたいい。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしあるところに・・・
    昔話のはじまりにひきこまれました
    石井ももこさんの訳もいいですね

    絵が白黒でレトロなところもねこがひゃくまんびきの描き方もすごいな〜

    おじいいさんとおばあさんの人柄がいいんです
    おじいいさんのおひとよしさ おばあさんのいさぎよさ 現実をしっかり考えているところ すきですね〜
     
    おじいいさんが 百万びきのねこを連れて帰ったときのおばあさんのいった言葉
    なるほど  賢いおばあさんですね

    百万匹のねこたちは みんな自分がいちばんきれいと主張するところ
    そして争ってみんな食べ合うなんて このおろかさ
    人間の愚かさを比喩しているのかも

    争いの嫌いな おじいさん、おばあさん

    オチが良いですね
       
    一匹のほねとかわばかりに やせこけた ねこが草に隠れていたんです
    このネコがなぜ 食べ合わなかったのか?
       
    作者のいいたかったことをこのネコが話してくれているようです

    おじいさんとおばあさんの幸せそうなラスト 好きです。
     ホッこりします

    そこに おばあさんの 編み物の毛糸玉で戯れるねこ おじいいさん
    なんとしあわせな平和な光景でしょう

    表紙と見開きの絵、なんて ステキなんでしょう!

    読み聞かせてあげたいお話しです

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本で初めての横書き文字の絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この本を最初に知ったのは1年くらい前のことです。
    読み語りのボランティアに一緒に入った方が、この絵本の紙芝居バージョンの方を読んでくださいました。
    その方のお話の仕方がまた上手で、すっかり聞きいってしまったのを覚えています。
    そういうわけで、一回気持ちよく聞いてしまった話だったので、あえて自分で手にするのはお蔵入りになっていました。

    ところが、最近読んだ「絵本の力」という本にこの絵本の紹介が出ていて、たぶん日本で初めて「横書き」文字で書かれた翻訳絵本だった。と知り、ものすごく読みたくなって借りてきました。
    初めての横書き文字。編集者の方はきっといろいろ壁があって、大変だったと思います。そして、その努力は絵本を読むことでとても伝わってきました。

    最初に色つきの紙芝居を見ていたので、だいぶ印象が違いましたが、この版画のようなイラストもすごくいいです。
    個人的に好きなページは、最後に残った貧弱な子猫が日々きれいに可愛く成長していく姿を追った最後から1ページ前のページ。

    私が聞いた時、幼稚園児向けのお話だったので、読んであげるなら、幼稚園児くらいから、上は高学年まで楽しく聞けると思います。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちばんきれいなねこは?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    むかしむかし、あるところに、とても年とったおじいさんと、年とったおばあさんが住んでいました。きれいな家に、花に囲まれて住んでいたのですが、ふたりは幸せではありませんでした。ふたりはとてもさびしかったのです。
    そこで、おじいさんは、ねこを一匹とってくるといって、でかけていきました。

    けっきょく、おじいさんがとった行動には、本当に驚かされてしまいました。ちょっと想像しただけで、思わず身震いです。そして、最終的には、これまた意外な結末が待っていました。何が必要か、何が大切なのかを教えてくれたような気がしました。
    黒一色で描かれた世界ですが、情景が的確に伝わってきます。また、表紙だけ、赤い色で塗られたのも、なかなか斬新で、惹きつけられました。

    掲載日:2008/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいおじいさんに癒されます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    表紙の絵もあまりかわいらしくないし、中の絵は黒だけで書かれていて、文章は多いし、
    子どもが手に取りにくい絵本ですが、読んでみるとあたたかさにジーンとするすばらしい絵本です。

    ありえないほどたくさんのねこを拾ってしまうおじいさん。
    しかたなく解決しようとしますが、ねこたちのとった行動もありえないものです。

    最後に残ったこねこを大事に育てるおじいさんとおばあさん。
    おじいさんの最後のせりふがなんともおしゃれです。

    おはなしの世界でしか出会えない世界です。
    そんな現実ではありえない世界を素直に楽しめる子どもたちになってもらいたいなあと思います。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「100まんびきのねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / げんきなマドレーヌ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / せんたくかあちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット