たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

王さまと九人のきょうだい」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

王さまと九人のきょうだい 訳:君島 久子
絵:赤羽 末吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年11月25日
ISBN:9784001105575
評価スコア 4.75
評価ランキング 665
みんなの声 総数 67
「王さまと九人のきょうだい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小2への集団読み聞かせで、食いついた絵本

    • あけみぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 岡山県
    • 男の子7歳、女の子5歳

     わが子のクラスで読み聞かせしました。その後息子が「あの本、面白いと思った子が多くて、学校にある同じ本読んでる子がたくさんいるよ」と言ってくれました。
    朝の読書の時間わずか10分間に読みきかせして、少々時間オーバーしたのですが、子ども達はよく聞いてくれました。「ながすね」のところで、「すねってどこかわかる?」と尋ねると、知らない子もいたりして。
    良質の絵本は、こんなにも子ども達をひきつけるものなのか、とあらためて思った一冊です。

    掲載日:2009/05/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 感想文を書かせてみたい!

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    中国民話。子供が欲しいと強く願っていたおじいさんとおばあさんが、謎の老人(仙人?)から子供が生まれるという丸薬を9つもらったところからお話が始まります。全部飲んでしまった結果、9つ子が生まれました。それぞれ仙人から名前をもらい、一気に大きくなったわけですが…9人の兄弟がそれぞれに名前のとおりの強みを持っていました。その中の1人の強みを恐れた国の王さまは、さまざまな方法で討伐しようとしますが、顔がそっくりな9人はうまいぐあいにそれぞれの強みを生かして、王さまの無理難題をクリアしていきます。
    民話ならではの、ちょっと大袈裟なお話だけど、それが面白い!兄弟力を合わせるっていいね〜とか、王さまって悲しい人ねぇ〜とか、読んだ人によって色んな感想があると思います。低学年くらいからオススメです!

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールの大きさを感じさせる民話

     中国の民話らしい、スケールの大きなお話ですね。
    大陸的な大らかさと力強さを感じます。そんなお話にぴったりの赤羽末吉さんの絵。
    子どもたちもぐいぐいと絵本の世界に引き込まれていくことと思います。

     今までなんとなく読みそびれていましたが、娘の学校の「5級の本」の推薦本として紹介されていたため、この機会に読むことができ、嬉しく思いました。
    今度はクラスの読み聞かせの時にも読んでみようかな、と思います。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爽快!

    • しいたけさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子12歳、男の子6歳

    今までに見聞きしたことがあるような。
    ちょっと展開が読めるようなお話ですが、
    でも爽快!楽しい!

    意地悪な王様を9人の
    兄弟がつぎつぎとこらしめていくお話は
    特に男の子が喜んでくれそうです。

    ぶってくれと切ってくれは特徴が重なって
    ないのかな・・?
    中国の昔話のようですから
    細かい指摘はなしとしましょう。
    とても明るいお話です。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズみたい!?

    面白い名前と特意技を持つ9人兄弟。
    王様に次々と無理難題をふっかけられます。
    それを難なくクリアしていく単純明快なストーリーですが、
    次はどうやって解決するのかを、名前をヒントに
    推理するのが、面白かったようです。
    予想が当たったときも、予想ができなかったときも
    次の展開が楽しみなお話です。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名は体を表す?

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    神様からもらった丸薬を9粒飲んだおばあさんから生まれた9人の子。
    そして、また神様がその子供達に名前を付けてあげました。

    「力持ち」「食いしん坊」「腹いっぱい」「ぶってくれ」「ながすね」「寒がりや」「暑がりや」「切ってくれ」「水くぐり」

    不思議な生まれで不思議な名を持つ子供達。
    そんな不思議な名前にはちゃんと理由があったのです。

    中国の民話で、悪い王様が出て来ます。
    もちろん、その悪い王様を9人が…。
    何がどうなるのか?
    その名前に何か意味があるのかは読んでからのお楽しみ♪

    奇想天外な設定と物語は昔話ならでわ。
    楽しいお話でした。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「王さまと九人のきょうだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おばけのバーバパパ / とんことり / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット