ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

王さまと九人のきょうだい」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

王さまと九人のきょうだい 訳:君島 久子
絵:赤羽 末吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年11月25日
ISBN:9784001105575
評価スコア 4.74
評価ランキング 819
みんなの声 総数 65
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大プッシュの1冊

    お友達に紹介してもらって
    5年生と3年生の読み聞かせに使いました。
    およそ13分もの長いお話。
    でもこの長さもものともしない面白さ、テンポの良さはピカイチ。
    子どもたちも飽きずに真剣に聞いてくれました。
    九人のきょうだいの奇妙な名前でまずは笑いが起き、
    それぞれが巧いこと活躍して王さまを負かしていく様子が
    小気味良いです。
    ここまでテンポが良いと低学年に至っては
    ページをめくるたびに
    「次はあつがりやが来るぞ!」とか「ながすね、すっごい足が長い!」などまるで参加型のような賑やかな反応が見られます。
    ほぼ小学生全学年で外さないお話ではないかと思います。
    強力にオススメします。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    4
  • テンポがいい

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    低学年への読み聞かせの本を探していて、見つけました。

    子供がほしいという老夫婦にいっぺんに9人もの子供が生まれるのは
    ありえないんですけれど、、
    しかも、その子供達の名前=特技になってるところが、民話らしいです。

    ストーリのテンポがよく、次から次へと出される王様の難題に
    息子達がどんどん答えていく様子は、引き込まれました。
    お話のテンポがよく痛快で良かったです。

    中国の民話にありがちですが、日本のものに比べてありえないくらい大げさなのがいいです。

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • ネーミングが楽しい

    • ほわりさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳

    子供が学校で司書の先生に読んでいただいたそうです。
    面白いから、とわが子に勧められ読み聞かせしました。
    すでに内容を知っているはずのわが子ですが、それでも次々出てくるきょうだいたちとその名前に声を出して大笑いしていました。
    ・・・わが子には珍しい反応です。

    テンポよく読み進められるので、学校での読み聞かせに選びたい本だと思いました。

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「王さまと九人のきょうだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(65人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット