ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

たんじょうび」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

たんじょうび 作・絵:ハンス・フィッシャー
訳:大塚 勇三
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1965年10月1日
ISBN:9784834000481
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,549
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 隅々まで楽しめる

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    『こねこのピッチ』の前編にあたる絵本です。我が家では両方とも持っていて、併せて楽しんでいます。この絵本では、ピッチがどのようにしておばあちゃんの家に誕生したのかが描かれています。少し長いですが、動物たちの計画はとても楽しく、絵も繊細で隅々まで楽しめます。

    両方の訳語が少し違うのが残念です。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本

    この絵本、とっても絵が素敵。絵に魅かれて借りたのですが、お話もとっても良かったです。

    リゼッテおばさんの76歳の誕生日を、リゼッテおばさんの飼っている猫2匹と犬1匹が中心となって(もちろん他にも動物たちはいますよー)、リゼッテおばさんが出かけてるときに誕生日のお祝いの準備をするんです。帰ってきてリゼッテおばさんはビックリ!何だか温かい気持ちになりました。誰かのために一生懸命喜ぶことを考えて、実行するってとっても素敵だなと改めて思いました。

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続けてこねこのぴっちが読みたくなる

    親子で大好きな絵本『こねこのぴっち』の、ぴっちが生まれる前のお話です。リゼッテおばあちゃんの76歳のお誕生日に、ぴっちの親であるマウリとルリたちが、サプライズパーティーを開いてあげるという、とってもすてきなストーリー。動きのあるハンスフィッシャーの挿絵で、お誕生日の準備をするドキドキワクワク感に溢れています。
    リゼッテおばあちゃんが町からの帰り道、くらい森の中、家の窓からの明かりだけが光っているシーンがあるのですが、同じくハンスフィッシャーの描いた『ブレーメンのおんがくたい』の影響か、5歳の娘は、見るなり「どろぼうがいる!ぜったいどろぼうがいるんだよ!」と叫んだのには笑いました。リゼッテおばあちゃんが慌ててドアを開けると、そこには素晴らしいお祝いの支度ができているのです。それはそれは素敵なシーンで、娘と一緒にうっとり眺めてしまいました。
    また最後のページのしかけも素敵。何よりも素敵なおくりもの。そこにぴっちの姿が・・・続けて『こねこのぴっち』も読みたくなってしまいます。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日ものの絵本の中でオススメの一冊

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1948年のスイスの作品。
    日本では1965年に初版が発刊されています。

    お話は、リゼッテおばあちゃんの誕生日に、家にいた動物達が誕生パーティをするというもの。
    リゼッテおばあちゃんが、留守の間に誕生パーティを準備するのですが、そのワクワク感が存分に伝わってきます。
    子供なら、この手の話は大好きなはずなので、とても受け入れ易いお話だと思います。
    そして、そのパーティの演出も素晴らしく、みんなやってみたいと思うことでしょう。

    見逃せないのが、そのパーティだけで終わらないこと。
    最後のサプライズは、読み手に爽やかな読後感を与えること間違いありません。
    クラッシックな絵なのですが、その動物達の生き生きした動きは、とても魅力的で、見るだけでも楽しめる絵本に仕上がっています。
    何度見直しても、新しい発見があるので、かなり作り込んで描かれたものなのでしょう。
    続編が「こねこのぴっち」なので、こちらも読んでみたいと思っています。
    数多い誕生日ものの絵本の中で、オススメの一冊です。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • プレゼントにいかが

    サプライズのたんじょうびパーティをしようと、大事に育ててもらっている動物達が考えるというもの。
    そのサプライズが、子どもの本という想像を超えてすばらしい。
    夜の光の演出まであって、なかなかオシャレで、大人へのプレゼントにもいいかな〜と思う本です。
    個人的には、ホテルでの食事の後にでもさりげなくもらえたらカッコイイかも(あくまでも個人的にですが)
    娘と「わぁぁ」と言いながら読みました。

    やっぱり『こねこのピッチ』と繋がっているんですね。今度読み直してみよう。

    掲載日:2008/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たんじょうび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おふろだいすき / なにをたべてきたの? / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット