十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

さむがりやのサンタ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

さむがりやのサンタ 作・絵:レイモンド・ブリッグズ
訳:すがはら ひろくに
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1974年10月
ISBN:9784834004366
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,360
みんなの声 総数 96
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスシーズンに読みたい絵本!

    4歳幼稚園年少さんの娘に読みましたが,まだ少し早かった感じで,本人はどこの絵を見ていいかわからない感じでした(笑)。
    コミックのコマ割りで漫画を読むような感じのカタチの絵本です。
    クリスマスシーズンにぴったりなサンタさんの1日が描かれています。
    サンタさんに夢を抱いている小さな子供より,小学生以上の子供や大人の方が楽しめるかも知れませんね。
    大人も読みたい絵本ですね!

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガ風

    昔わたしも読んだことがあると思って娘にも読み聞かせしました。が、マンガふうなので、読み聞かせにはあまり向いていないかもしれません。自分で読めるようになるうと楽しいかなと思います。

    サンタさんが意外にブラックで、悪態はつくし、面倒くさがりだし、、、でもこういうオジサンいる!とちょっとおかしくなってしまいます。ニヒルなサンタ、読んでみてください。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタは実在する

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

    サンタクロースは実在する
    この絵本を見てそう思う
    その暮らしぶりがあまりにもリアルだから子どもに
    見せると夢を壊すと思う人もいるだろう
    でもサンタはもちろん人間なのだ
    今から30年以上前のこと、出版されたばかりの
    この本を書店で見つけてすぐに購入し、座右の1冊となった
    今は亡き父はこの絵本を手にとって「なんでもない日々の
    暮らしの大切さが伝わる…」と言ったのは至言だった
    2008年のクリスマス前に僕は孫と一緒に楽しんだ
    作者が仕掛けている人生の喜怒哀楽を4歳になる彼も
    きっと理解してくれると信じている。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス時期に♪

    漫画のようにコマが多く、面倒くさがりなサンタさんの起きた所から、寝る所までの一日が描かれていてユーモアある作品です。
    煙突に入るシーンや、変な天気に巻き込まれるシーンが面白く、子どもも笑っていました。
    スノーマンを書いている作者さんだったんですね!
    クリスマス時期に読みたい絵本です。

    掲載日:2008/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • そろそろ季節です。

    以前『ゆきだるま』という本を読んだのですが
    そのシリーズの本ですね。
    コマ割で、まるで漫画みたいに楽しめます。

    娘には、コマを一つ一つ指差しながら読んで
    展開を楽しんでもらいました。
    サンタが一番忙しい、その一日を描いているのですが
    結構現実的で笑えます。
    行った先の家での差し入れに、ブツブツ文句言ってるところなんて
    人間味あふれる感じで
    夢のあるキャラのイメージを壊しそうでいて壊してない、
    この絶妙なバランスは見事だと思います。

    クリスマスも迫るこの季節に読んでみてはいかがでしょうか・・・。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさん大好き!

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    サンタさんの、生活が知れる面白い本です。
    クリスマス前に読むと、クリスマスの楽しみが増すと思いますよ!

    この本を読みながら、
    「今頃サンタさん何してるかな〜?」
    「プレゼントの準備大変かな〜」と、
    遠くに居るサンタさんを思っていましたよ。

    この本を読んでから、サンタさんに親近感を持った娘たちは、
    クリスマスに、ケーキと手紙を置いて、
    サンタさんが来るのを楽しみにしていました。

    今年のクリスマスもこの本を読んで、サンタさんを待ってみようかな!

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳の息子のお気に入り

    小学生の時に買ってもらった絵本に出会えました。

    でも長い時間を経て読み返すと、持っていたイメージど随分違っていたのに驚きました。

    例えば、サンタがブツブツ独りごちたり、寒くてももひき履いたり、家に鍵をかけたりと、とても人間くさいんだけれども、いざソリに乗って空に飛び上がるとやっぱり本当のサンタなんだと再確認するんです。

    郵便屋さんと声交わしちゃっていいの?大丈夫なの?、その家はまだ人が起きてるから気をつけてっ!なんて思った時にはもう絵本の世界に入り込んでしまっているんですね。

    プレゼントを配る合間に夜食を摂る場面の、穏やかに流れる時間はなんとも言えず良いです。

    配り終えての帰り道、お日さまが出てくる頃にはソリの上で居眠りしちゃったり、やっとこさ帰り着いて、入った風呂がとても気持ち良さそうで、「お疲れ様っ!」って声掛けたくなっちゃいます。

    1974年の作品というのに全く古さを感じさせない(どころか新刊でも納得してしまいそうな)作品です。
    漫画のように小間割りしているのに絵やセリフが飛び出している斬新な作りも良いですが、なにより最後のサンタの一言がドキッとしますがとても好きです。
    こちらから覗き見ていたはずなのに、実はサンタはわかっていたんだねってオチがとても良いです。

    この絵本は今、4歳の息子のお気に入り絵本棚に並んでいます。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さむがりやのサンタ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / からすのパンやさん / どうぞのいす / きんぎょがにげた / だるまさんが / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット