アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?

ぽちっと あかい おともだち」 大人が読んだ みんなの声

ぽちっと あかい おともだち 文:コーリン・アーヴェリス
絵:フィオーナ・ウッドコック
訳:福本 友美子
出版社:少年写真新聞社
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年08月
ISBN:9784879816092
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,654
みんなの声 総数 31
「ぽちっと あかい おともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 雪原に二組の親子が

    小さな北極グマが主人公のお話しです。
    雪原で小さな人間(妖精かも?)の女の子に出会います。

    真っ白な雪の世界に、無垢な子どもの心が温かく描かれています。

    タイトルにもあるように、白のなかの一点の赤色やオレンジ色が、とても印象的な美しい絵本です。

    掲載日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • 原画はどんな風に描かれているんでしょう。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    この絵本の絵は一つ一つがとても美しかったです。
    原画がどんな風に作られているのか、知りたいです。

    表紙に描かれている女の子が主人公と、思いきや、実はこの絵本の主人公はシロクマの子ども。

    表紙の女の子はもこもこのあたたかい服を着て、こんな雪と氷の地域に住んでいるのだから多分イヌイットの集落の子どもがモデルなのでしょう。

    クマの子とヒトの子のふれあい方や遊び方がとても自然で、
    素直に読めました。
    寒い寒い雪の日に、4・5歳から小学校低学年くらいの子どもたちに読んであげたいです。
    ただあまり大人数だと遠目がきかないページもあります。注意してください。

    掲載日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともしびのよう

    あーこんなにも自然にミキとともだちになれてしまうなんて!
    女の子がうらやましい。

    言葉がなくても、いやむしろ、言葉がないから
    かまえることなく、すぐにともだちになれてしまうのかな。

    ミキ!私も少女に返って赤い手袋で会いに行ったら
    一緒に遊んでくれますか?

    「ぽちっとあかい」手袋も
    「ぽちっとあかい」女の子も
    雪の中に、ぽっと灯ったともしびのようです。
    読み終えれば、私の心にもまた、ともしびひとつ灯ってた。

    掲載日:2017/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界を広げていく

     氷と雪と水、そして空。白と水色の世界に、ぽちっと赤いものが・・・。白い世界の中で、女の子が身に着けている赤い服や手袋がとても美しく映えて、印象的でした。

     白クマのミキと幼い女の子の出会いを描いたお話ですが、ピュアな世界に住んでいる、ピュアな心の持ち主のミキと女の子の自然なふれあいがとても微笑ましかったです。

     まだまだママの庇護の下にいる年頃の、ミキと女の子ですが、こうやって少しづつ新たな出会いを重ねて、世界を広げていくのでしょう。幼い子どもさんと読むのにぴったりのお話です。 

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 氷の上でも温かい

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    白と赤のコントラストの美しさが、印象的な絵本です。
    北極の氷の海の冷たさと、幼い二人の出会いのほのぼのした温かさと、両方の温度が感じられます。
    鼻と鼻をこすりつける、イヌイットの挨拶も描かれています。
    遊び疲れて帰ると、優しく迎えてくれるお母さんの温もりが素敵です。
    雪国の田舎で、吹雪で寒い日も、外遊びが楽しくてしかたなかった子ども時代を思いだしました。

    掲載日:2017/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとときのおもいで

     子グマと女の子の夢の時間のようなお話、、。子グマと女の子が遊んでいる顔、ほんとうに楽しそう。最後はそれぞれの、おかあさんのもとに帰っていきます
     
     女の子の赤いコート、あたたかそうでカワイイですね。白の雪のなかの赤がステキです。

     紹介文にある 「ほんのひとときの あたたいおもいで」のお話に、ほっこりしました

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • しろくまと人間の女の子

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    全ページ試し読みで読みました。
    表紙を見て、人間の女の子が主役かと思ったのですが、しろくまのこどもミキが主役でしたね。
    ミキがぽちっとあかいおともだちに出会い…。
    なんだかほのぼの絵本でした。
    種族を超えて仲良くっていいですね。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白と赤

    色合いがとても素敵な絵本だと感じました。
    白と赤のコントラストが美しいです。
    内容もとても可愛らしく、ミキとぽっちが共に遊ぶシーンがとてもほのぼのとしていて好きです。
    寒い冬に、子供を乗っけて読んであげたくなります。

    掲載日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一瞬あったかいものが

    真っ白な雪の中、楽しい、きれい、それだけではない世界です。
    魚が取りにくいということは生きることがとても難しい。
    シロクマは走って、赤い女の子に出会います。白い世界の中に本当にぽちっと赤いもの。雪で一緒に遊ぶことがとってもほのぼのして楽しそう。しかし、ちょっと我に帰れば。そこはやはり危険な冬の世界。一瞬で恐怖が迫ってきます。怖くて寂しくて寒くてひとり。また、ぽちっと赤いもの。真っ暗闇で灯すろうそくの光のように、それが本当に心をあったかくさせるものになる。そういう対比が描かれています。かわいい、だけではない世界です。生きること、死ぬこと、恐怖と楽しみ、そして温もりと冷たさ。どれも永遠なものではありません。刻々と変化する自然の様子と一緒に、いつでも心はあったかくもなり、ぞくっとするものにもなる。少ない言葉と絵で、この世界観は素晴らしいと思いました。

    掲載日:2017/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほっこりとしますね。

    シロクマと人間の女の子のお話ですが,この絵本の楽しさは何といっても子供のシロクマのミキが主人公でミキの目線で描かれているところです。
    そこに子供たちは新鮮ささえ感じるのではないでしょうか。
    ミキからみたら,人間の女の子は「ぽちっとあかい」のです!
    女の子の手は前足ですし,手袋が何かだって知りません。
    でもね,シロクマのミキと人間の女の子の共通点,無垢で純粋なところ。だからすぐに友達にだってなれちゃうんですね。
    そして,お母さんのことが大好きなところ!
    女の子とお母さんが抱き合っているのを見て,ミキもお母さんシロクマを恋しく想う。やっぱり子供にとってお母さんの存在は大きく温かいのだなと感じられる素敵な絵本でした。
    人間の親子が抱き合う姿,シロクマの親子が抱き合う姿に,心がほっこりとしました。
    冬の白い景色の中の赤,寒い中での親子の絆,その反比例のような感覚が,また物語の温かさを醸し出しているようにも感じました!
    子供は,帰る場所(安心して帰れる人)があるから,外で思いっきり元気に過ごすことができるのですね。
    子供目線で読んでも,親目線で読んでも,とても素敵な絵本でした。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぽちっと あかい おともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / だいじょうぶだいじょうぶ / ちびゴリラのちびちび / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぜったいに おしちゃダメ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


40年以上ご家庭で読まれ続けているクリスマス絵本

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット