新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

ぜったいに おしちゃダメ?」 大人が読んだ みんなの声

ぜったいに おしちゃダメ? 作:ビル・コッター
出版社:サンクチュアリ出版
税込価格:\1,155
発行日:2017年08月26日
ISBN:9784801400436
評価スコア 4.5
評価ランキング 7,398
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大人も楽しんで!

    このタイトルといい、この表紙といい、スルーしたくてもできませんよね(笑)
    そういうわけで私も読んでみたのですが、これ、参加型の絵本なんですね。
    ラリーっていう紫色のちょっと間の抜けた(失礼!)モンスター(?)が彼の絵本の世界へ誘導してくれます。
    そこでいきなりルールを説明されるわけです。赤いボタンを押しちゃダメとか、ボタンのことを考えてもダメとか。
    わかったわかった、とページをめくると・・・さっそくラリーがそそのかしてくるじゃないですか!ああ、うっかりボタンを押してしまった〜!ああ、ラリーが・・・!!

    でも安心してください、ここでポチッと押さないことには次のページにつながりませんからね(笑)
    禁断のボタンを押してしまった人は、本を揺すったりこすったりして、元のラリーに戻してあげてくださいね。

    似たような参加型の絵本をもっていますが、この絵本の面白さは、やってくれと言われてやるんじゃなく、「やっちゃダメ!」って言われてやるところですね。
    いたずら心のある幼児と一緒に、大人も童心にかえって楽しめる一冊です。

    投稿日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 読み方次第で盛り上がる

    表紙にもボタンの絵。おしちゃダメと書かれてあるので、きっとこれをおしたら大変な事が起きるんだろうなということが簡単に想像できます。

    押したらダメと言われれば押したくなるのが人間の心理です。
    考えたらだめと言われたら考えたくなるのが人間の心理です。

    もうすっかりとボタンのことで頭がいっぱいになってしまうでしょう。
    お話の展開では、ラリーが押してしまいます。てっきり、他の登場人物が出てきて、押すのかなと予想していました。そして、もっと驚きの展開が待っているのかと思いました。
    色が変わったり、人数が増えたり・・変化は面白いですが、絶対に押しては駄目とボタンを強調している割にはシンプルな変化だった様に感じました。

    でも参加型の絵本は子どもも喜びますね。
    きっとかわいい指で一生懸命押してくれるでしょう。

    読むほうがこのボタンを押したらダメであることを面白く、じらしながら上手に読めばなおのこと絵本が面白くなると思います。

    投稿日:2017/08/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 押したくなる気持ち

    人気だったのは知っていたのですが、初めて読んでみました。最初は絶対押しちゃダメと言っているのに、ページをめくるごとにおして!おして!と勧めているところがおもしろいですね。ダメだけど押したくなる気持ちをこの絵本で叶えてあげられるのですね。新感覚の絵本、人気なのがわかりました。

    投稿日:2020/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • そりゃあ押したくなります

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    このボタンのことを絶対に押したらダメだし、考えてもいけませんという注意書きつきの本です。

    そんなことを言われたら、子供でなくても大人でも考えてしまうし、押たくなってしまいます。押してしまったモンスターはどうなるかというと‥黄色いポチポチになってしまいます。人間の興味本位の心理をつかれてしまいますね。

    参加型絵本ですね。先がどうなるのか、どうやったら体が元に戻るのだろうと子供たちはきっと興味津々になるでしょう。。
    上手に読み聞かせて子供たちを巻き込めば楽しい絵本だと思います。

    投稿日:2017/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメと言われたら余計に

    何事もダメと言われたら余計にやりたくなってしまうものです。
    とくに小さい子供ならなおさらです。
    これは、参加型絵本というものなんですね。
    こういった試みのある絵本は初めてなので面白いと思いました。
    読み方次第で読み聞かせも盛り上がるのかと思います。

    投稿日:2017/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • そそのかし

    表紙絵と題名を見たら、ほら、もうムズムズしてきます。
    ええ、参加型の作品です。
    モンスター?のラリーが進行してくれますが、
    「押しちゃダメ」と念を押しながらも、なぜか、押しちゃおう、とそそのかすのです。
    案の定、変な顛末が。
    あとは、慌てるラリーの言うとおりにすると、やれやれの展開に。
    なかなか心理をついた展開ですね。
    子どもたちに参加してもらうと盛り上がりそうです。

    投稿日:2017/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お客様のリアルな反応

    以前、ご来店されたお客様で見本を娘さんに読んであげているパパさんがいました。
    ボタンを押したらだめだよー!押してみよっか!と呼びかけて、
    黄色くなった!と親子二人でスイッチを押したらどうなるかを楽しみ、
    好きなだけ押していいよー!と楽しそうでした。
    本がただ単純に読むためのものではなく、本自体がおもちゃのようにお子さんの遊び道具となっていて新しい絵本だなと感じました。
    たくさんいるから本を振って追い出そうといったところはとてもたのしそうに本で遊んでいました。
    文章もお子様の好奇心をくすぐるような文体です。
    どの年代のお子様にもお勧めしたい一冊です。

    投稿日:2017/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しめそう!

    おしたいけど、おしたらダメという内容かと思ったら、どんどんおせるではないですか(笑) それだけでなく、ふったり、さすったりと、参加できる内容は子どもたちが楽しめそう! 実際おせるしかけになっていてもいいかな、とも思いました。 

    投稿日:2017/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 押しボタン

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳

    バスの降車ボタンや、ファミレスのテーブルの、呼び出しチャイムのボタンなど、子どもは押しボタンを押すことが大好きです。
    その押しボタンの絵本ですから、間違いなく魅力的だと思います。
    ラリーくんはいかにもアメリカンなキャラクターで、お化けのようでもあり、読者をそそのかす悪魔のようでもあり。
    ただラリーくんの色が好みではないので、あまり可愛くは感じられませんでした。

    投稿日:2017/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダメと言われると〜!!!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子6歳

    これは絶対に娘と読もう!と
    題名を見たときから心に決めていた一冊。

    我慢しきれなくてひとりで先に読んでしまったのですが、
    「○○しちゃダメ!」と言われると、それまで平気だったものが
    言われたとたんに気になりだしたり、
    どうしても禁止されていることをやりたくなったり、
    ムズムズソワソワ。
    ここの心理戦をうま〜く使った、素晴らしい絵本だなぁと思います。

    元は外国の絵本のようですが、翻訳もとっても馴染んでいます!
    「あ〜ダメダメ、ダメなんだった!」と身もだえする様子が
    とっても日常の娘の姿と重なり、思わず吹き出してしまいました(笑)。

    そういえば、旧約聖書にあるエバが食べてしまった木の実。
    もとは、「食べちゃダメ」って禁止されたものでしたね。
    「ダメ」と言われたことをやりたくなっちゃうのは
    古今東西万国共通なのかもしれません。

    そして、大人でも子供でもそこは一緒?
    娘と一緒に読むのを待てなかった私も、
    まんまとこの絵本の題名の魅力にひっかかっちゃった一人です(笑)。

    投稿日:2017/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぜったいに おしちゃダメ?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / そらまめくんのベッド / 100万回生きたねこ / うんちしたのはだれよ! / 11ぴきのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット