ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

きつねのホイティ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

きつねのホイティ 作・絵:シビル・ウェッタシンハ
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年3月25日
ISBN:9784834001983
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,843
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しく歌って♪

    我が家の3歳、5歳、8歳の子どもたちがみな、大好きな絵本。我が家では、ワイワイと文中に出てくる歌をみんなで歌いながら読むのが定番です。
    きつねのホイティが村の奥さんをだましてごちそうになります。でもだましていると思っているのはホイティだけで、実は奥さんたちにはきつねであることはお見通し。すっかり得意になっているホイティをからかい、奥さんたちがこらしめます。
    「ホイティ トイティ ホイティティ♪」と文中に何度も出てくる歌がとても楽しいです。読みながら、最後にはみんなで大合唱になります。
    そしてユーモアのある挿絵が、スリランカの大らかな人々の暮しを体験させてくれて、なんだかとっても気持ちがよいです。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 陽気なスリランカのお話

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    きつねのホイティと、三人の陽気なおばさんたちの物語です。
    スリランカのお話のようで、絵もなんだかとっても開放的で
    陽気な感じ!

    人間をだましておいしいご飯を食べて得意になるホイティと、
    ホイティの悪だくみを知りつつだまされてあげるおばさんたちの善意、
    そして自分たちをバカにしたホイティへの仕返しが、
    テンポよく描かれています。

    おばさんたちの「仕返し」で、ホイティが最後とんでもない思いを
    してしまうのかな・・・と
    読んでいる私もハラハラでしたが、
    笑ってすますことのできるリベンジで、とってもよかったと思います。
    やっぱりおばさんたちいい人!

    ホイティも、おばさんたちの料理がおいしかったなぁーと思い出すあたりが、
    なんだかおばさんたちとホイティの絆さえ感じちゃう一幕。

    5歳の娘にはちょっと長いお話でしたが、
    分かりやすいし、先がきになるし、最後もきもちよく終われたし、
    とってもいい絵本だと思いました!

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外にも息子のお気に入り!

    最初に私が5歳の息子に読み聞かせた時「海外の女性たちのことが書かれた絵本は興味を示さないだろうなぁ」と思っていたのですが、蒸すのの中のツボにハマったらしく、寝る前に毎日のようにリクエストされました。

    私が読んでいるとき、息子は笑うわけでもなく、特に反応をしてこないので「わかっているのかなぁ」と思ったこともありましたが、わかっているとかわかっていないではなくて、歌のところなど、聞いていてとても楽しく、心地いいのだなと思いました。

    読んでいると、自然に3人の女性のやさしさや、ホイティの憎めない性格が伝わってきます。
    はっきりしないものを、上手に伝えてくれる絵本とでもいいましょうか。

    おはなし会などで読んでも盛り上がりそうです。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の絵本にはないティスト

    この絵本の一番気に入っているところは、
    きつねのホイティが歌うところでしょうかあ。
    とってもリズミカルで歌いやすい。
    気分的にとっても嬉しくなっちゃう。
    そんな感じなのです。

    そして同じように、この絵本のいいところは、
    日本の絵本にはない味があるというところでしょうかあ。
    日本の絵本だと、キツネはかなりずるがしこかったりするのですが、
    この絵本の主人公のホイティは、ちょっとずるがしこい。
    ある意味悪気のないずる賢さなのです。
    だから悪というには言いづらい。
    そんな感じです。

    そして対応する3人のおかみさんも、とってもおおらか!
    だから終始明るいムードで終わるし、
    このホイティはこれからも村に通い続けるのかしら?!
    なんて、その後の未来創造が楽しくなってしまいます^^;

    私は個人的にこういう日本にはないティストの絵本も大好きなので、かなり楽しませてもらいました。

    息子も思ったより反応が良かったし、
    ホイティの歌は口ずさんだり、と楽しんでいた雰囲気でした。

    掲載日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねのホイティ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / かさどろぼう / てじなでだましっこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット