貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くじらだ!」 大人が読んだ みんなの声

くじらだ! 作・絵:五味 太郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1978年
ISBN:9784265906109
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,170
みんなの声 総数 17
「くじらだ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい形

    五味太郎さんの独特のユーモアをたっぷり味わえる絵本だと思います。
    食べられると聞いた途端に、大騒ぎするにんげんの様子が面白い。
    くじら捕獲のためには労を惜しまず、朝も夜も、血眼になって探し回るエネルギーがすごいですね。
    鳥が嘘をついていたわけではなく、ああ、ほんとうにくじらだあと言う
    結末も楽しいです。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんにしては説明「文」が多いかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    五味さんの作品にしては「言葉」が多いな。と、思いました。
    これは、結構昔の作品だからでしょうか?
    今の五味さんが同じ絵本を作ったら、きっともっと「字」が少ない作品に仕上がっている気がします。

    人間たちの描写や、オチがなかなか読みごたえのある絵本なので、まだ読んだことのない方は一度お薦めします。
    読み語りに使うときは、小学校中学年以上にお薦めします。
    あまり低年齢だと、オチが分かりにくいかもしれません。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くじらだ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット