庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ゆきのひ」 大人が読んだ みんなの声

ゆきのひ 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年10月
ISBN:9784834001174
評価スコア 4.49
評価ランキング 7,017
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年季の入っている作品です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    この作品が発表されたのは、1966年!
    ですから、描かれている日本の雪国の風景も、最近のものとはかなり違うと思います。
    子どもごろ子に雪の上を歩く雪駄や屋根の上の雪下ろしは、興味があったのですが、
    こういう雪国の毎日のお仕事って、今はどんなふうになっているのでしょうか?あまりニュースとかでも聞かなくなりました。
    かこさんらしいほのぼのとした感じで、当時の雪国の様子が丁寧に描かれています。
    時代が変わってしまったので、読み聞かせに使うより、テーマを決めたフックリストに載せてブックトークで紹介したい作品です。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくましさ

    冬、お父さんがいない夜に電気まで消えてしまっては
    どんなに子供のりっちゃんは心細かったことでしょう。
    でも、いろりの火を見ながらおばあちゃんの昔話を聞くりっちゃんは
    とても温かく安心した気持だっただろうと思いました。
    たくさんの雪が降っても楽しくそしてたくましく人々は生きてきたし
    これからも生きていくのでしょう。
    勇気を感じる絵本でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 加古里子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。今の時期にぴったりだったので嬉しくなりました。雪の日の楽しさと不思議を丁寧に描いてあるのが良いと思いました。特に素敵だなと思ったのは雪の日の恐ろしさや厳しさについてもきちんと書いてあったことです。自然に対してより一層、畏敬の念が生まれる絵本でした。さすが加古さんの作品だなと感心しました。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきのひ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.49)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット