モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

11ぴきのねこどろんこ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねこどろんこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784772101394
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,214
みんなの声 総数 99
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 11ぴきのねこの世界に恐竜登場!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    息子の好きな11ぴきのねこに、大好きな恐竜がでてくる
    なんて!これは、喜ばない訳がない一冊です。
    恐竜のジャブの背中に乗っているねこたちのページを
    見る目は、本当にうれしそう。後半はジャブの身体が
    前よりも大きくなったことがよくわかるページも
    あって、さらにうれしそう。
    えー、またどろの中はいっちゃうの?!なのに、
    ねこたち、うれしそうにしてる!なんでー!とか
    石を落とすシーンはかわいそう、、、などと
    いろんな感想を持ちながらも
    ジャブの話し方、ねこたちのセリフが
    楽しいようで、何度も何度も読んでます。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんこどろんこ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    4歳の息子と一緒に読みました。泥んこにバッシャーンというのはとても魅力的に見えるようで、すごくイキイキした表情で絵本を見つめていました。親としては遠慮してもらいたいなと思ってしまうんですが。
    きょうりゅうジャブの話し方も面白く聞こえるようで笑いながら聞いていました。それにしてもジャブの無邪気で自由奔放さは11匹の猫でもかなわないくらいなんですね。ジャブにいたずらをする11匹には、ちょっとひどいと親子で怒れてきたんですが、ラストはまたジャブと仲良く、泥んこバッシャーンする姿が見られてよかったです。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで1番好きなお話

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    11ぴきのねこシリーズは親子共に大好きです。毎回ねこたちのちょっと意地悪な姿をみて「え、いいの!?」とはハラハラし、最後には失敗する姿に「あ〜あ(笑)」と笑ってしまいます。
    この絵本でも恐竜の子にするいたずらはちょっとやりすぎな気がして、読んでいてハラハラしました。泥でジャブジャブ遊んでいた姿から「おーい、ジャブ」と勝手に名づけ、しかも定着したところが可笑しかったです。
    今回は今まで読んだ「へんなねこ」「11ぴきのねこ」「ぶた」「あほうどり」のどれでもない一番ほっこりする終わり方でした。振り返ってみると、シリーズではこれが一番好きなお話です。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしい!

    子供の大好きなシリーズ。
    ねこたちのやるコトは、良いことでなくても何か憎めない。
    それは、ちょっとイタズラでも困っているヒト(人じゃないけど)を見ると助けてあげたり、結局お人好しだったりするからでしょうかね。

    どろんこ姿を見て子供は大喜び。
    11ぴきのすることはなんでも面白く映るみたいです。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • きょうりゅうがかわいい♪

    娘は11ぴきのねこを気に入っているようだし、「どろんこ」だから
    楽しいだろうと思い、図書館から借りてきました。
    しかし、娘はどろんこな部分には反応せず(笑)。
    きょうりゅうを気に入ってしまったようです。
    ううむ。子どもの気持ちってわからんもんだなあ(笑)。
    たぶん、きょうりゅうのお顔がシンプルでかわいらしかったのと、
    きょうりゅうのしゃべり方(ってことは私の読み方?)が、
    おもしろかったせいだと思われます。
    こってりとかわいらしいおひめさまのようなキャラクターよりも、
    こんな風に目がちょんちょんとついているだけのきょうりゅうのような、
    シンプルなかわいらしいキャラクターが今現在において娘は好みのようです。
    11ぴきのねこ達の行動も、いじわるなようでいてたいしたこともなく、
    最後まで安心して聴いていられるお話だというのも好きな理由かな?

    掲載日:2011/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりジコチュウなねこたち・・・

    息子と私にとって二冊目の11ぴきシリーズです。

    今回は恐竜の子供が登場。
    11ぴきのねこは、崖に落ちた恐竜を助けてあげます。
    前回見かけたときに、沼地でジャブジャブ遊んでたことから、
    勝手に「ジャブ」と命名。

    このヘンがとっても面白いんです!

    ねこたちとジャブの友情が深まったかと思いきや、
    魚を取っていかれたことがきっかけで、
    ジャブに仕返しをしてしまうねこたち。

    この目には目をのやり方もかなり11匹らしい・・・。

    最後はお母さん?(お父さん?)になったジャブが
    会いにきてくれて、とってもハッピーエンドです。

    自分勝手なねこたちの行動がいつもの事ながらおかしくて、
    4歳の息子もとっても楽しんでいました。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいすきな11ぴきのねこ

    大好きな11ぴきのねこシリーズです。
    きょうりゅうのジャブの成長と共に、過ごす11ぴきのねこたち、
    ほのぼのしていて温かいです。泥だらけになって遊ぶシーンが
    ダイナミックでいいです。ジャブの「ウホホ」という
    笑い声がこちらの笑いも誘います。

    掲載日:2010/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドで温かい!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳

    今までとはちょっと違うねこたちの印象だな〜。これが初めて読んだ時の私の感想です。

    恐竜のジャブと11匹のねこたちのお話。
    困っているジャブを素直に助けてあげるねこたち。
    仕返しをした後に後悔しているねこたち。
    最後にジャブがもどってきて大喜びのねこたち。
    何だか、ハッピーエンドが温かくて、いいお話だと思いました。

    でも、魚のかたきうちをするところは、いつもの11匹のねこという感じがして、おもしろかったです。
    娘は、ジャブがリンゴを持ってきれくれたのだから、魚をあげてもいいのに、どうして意地悪するの?と質問してきました。何と答えてあげたらよかったのか…。ちょっと困りました。

    掲載日:2009/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な笑顔

    11ぴきシリーズ最後の1作となってしまいました。
    他の作品に比べて線が太い、荒いのは使っている道具のせいか、はたまた作者がご高齢になられたからか・・・

    この作品は他の5作品とは一味違う作風になっています。
    最後、11ぴきのねこくんたちがこれ以上ない笑顔を見せているのですから。
    最初読んだときは他の作品とあまりにも違うので違和感を感じましたが、何度も繰り返し読むうちにこれで良いんだ、と思えるようになりました。

    4歳の息子はジャブがねこくんたちを背中に乗せている場面や、「はあい、どろぬまー」とみんなで泥んこになる場面が大好きです。
    やっぱりみんな笑顔が一番ですよね。

    これが11ぴきのねこくんたちの最後の絵本になりましたが、最後の最後でとてもいい笑顔を見せてくれて、晴れ晴れとした気持ちになりました。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読んでいくうちに

    今回は自由気ままな恐竜の子とのお話。
    最初はちょっと入り込めなかったのですが(イマイチつかめなくて)何度も読んでいるうちに、このねこと恐竜の関係がおもしろくなってきました。
    最初は恐竜の気ままさに振り回されていたねこたちも、『かたきうち』をしたあと心境の変化が起こります。
    このあたりも「あ〜、そういうことってあるなぁ」って。幼稚園児でも似たようなことありそうですね〜。
    息子はそんなお話の流れはわからないとは思いますが、最初から入り込んでいます。
    特に恐竜のジャブがお好きなようで。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこどろんこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(99人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット