ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

11ぴきのねこどろんこ」 大人が読んだ みんなの声

11ぴきのねこどろんこ 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784772101394
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,214
みんなの声 総数 99
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ

    馬場のぼるさんの11匹のねこシリーズが大好きな私です。人間味溢れていて意地悪をしたりした場面もあったりしますが、後で反省して気にしているのもあるからいいなあって思いました。親切にしたり、とらねこ大将を筆頭にいつも11匹で行動しているのがいいなあって思いました。今回は、恐竜のキャラもちょっと図々しいけれどなんか憎めないし、エンドが子供3匹連れて終わっているのがほのぼの感がいつまでも残って和みます。お薦めの絵本です!

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 奥さんが出てこなかったのは残念

    山の中で暮らしていた11匹のねこたちは、
    ある日、狩りに行って、恐竜のこどもに出会います。
    恐竜のこどもが、がけから落ちていたのを助けてから
    時々会うようになるのですね。
    恐竜のこどもが、かたきうちでどこかに行ってしまったときは
    みんなちょっぴり後悔したようですが、
    一年たって、すっかり大きくなって、お父さんになった
    恐竜に出会え、楽しい終わり方でした。

    掲載日:2016/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とらねこたいしょうを先頭に 11匹のねこたちはえものさがし
    そこでであった 恐竜の赤ちゃん  ジャブ ジャブ ドボーンとどろんこして遊んでいました
    恐竜ががけからおちて ないてるのを助けてあげたねこたち

    お礼にやってきた恐竜は お礼に  なんと大きく成長してせなかにのせてもらって 
    やっぱりどろんこ 大好きな恐竜
    ねこたちもどろんこ おもしろい ねこたちはどろんこが好きでなかったのですが
    恐竜はすっかり友達気分ですが
    でも・・・・ねこが大事にしていた 保存食の魚のひものを恐竜に持っていかれ  かたきうちのねこたち

    恐竜はびっくりして 逃げだし、それから こなくなりました
    ねこも やっぱり 恐竜のことが気になって・・・・退屈そう 反省したのかな?

    そんなある日 こどもをつれた 恐竜がやってきました
    そして やっぱり どろんこに ねこたちも どろんこ大好きになっていました
    楽しいお話しです

      どろんこで結ばれた友達ですね

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何とも微笑ましい話ですが、途中猫達に石を落とされたりと散々な目に合います。やはり猫にとって魚は大事なんですね。リンゴよりも。食べ物の恨み、恐ろしや。恐竜の話し方がカタコトなのもポイント。読んであげていて面白いです。

    掲載日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬場さん

    馬場のぼるさんの作品だったのでこの絵本を選びました。11ぴきの猫が面白おかしく暮らしている様子が素敵でした。協力し合って保存食を準備したり、美味しい物を食べる為には労力を惜しまずに行動する所に感動しました。一緒に暮らす仲間がいる事の素晴らしさを伝えてくれる絵本でした。自分の出来る事をして協力する様子が特に心に響きました。他のシリーズも読んでみたくなりました。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜか、きょうりゅうが…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    11ぴきのねこが山の中で暮らしていました。ねぐらは山小屋。
    ところが、ある日のこと、森の近くのどろ沼に見たことがないやつがいたのです。
    ねこたちは、そのきょうりゅうにジャブという名前をつけました。
    一緒に遊んで、ねこたちはけっきょくどろんこに…
    11ぴきのねこたち、今回はきょうりゅうとの出会いです。
    なかなか面白いことが起こります。いつも冷静なとらねこ大将を中心に、仲良く暮らしている様子、なかなかいいと思います。
    ひょうひょうとしたねこたちの表情に、思わず笑ってしまいますが、発した言葉にちょっぴり後悔する様子など、大切なこと、色々教えてくれていると思いました。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねこどろんこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(99人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット