ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

しずかなおはなし」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

しずかなおはなし 作:サムイル・マルシャーク
絵:ウラジミル・レーベデフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1963年12月
ISBN:9784834000177
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,794
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな声で読むおはなし

    はりねずみの一家は真夜中に散歩にでかけ、二匹のおおかみに襲われそうになり、体をまるめて身を守ります…。

    寒い夜、あたたかい布団の中で親子で寄り添いながら読みたい、そんな絵本です。挿絵が美しく、キンと冷たい空気感、耳を澄ますと静寂の森に息づく生き物たちの、小さな生活音が本当に感じられそうに思いました。

    もう少し浸っていたいのに、わりとあっさりと終わってしまうのがちょっと残念な気持ちです。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 静かな世界

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    しずかに読むお話とあり、声をひそめて読むと、
    子どもも静かに聞いてくれるから不思議です。

    詩だったと後から知ったのですが、
    静かに読む割に、話の内容はドキドキもので
    スリルもありますが、絵も言葉も静かなので
    読み終わった後も気持ちのいい静寂がありました。

    子どもも何か感じてくれてたらいいなあと思います。
    また、もう少し大きくなってからも読んであげたいです。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声をひそめて

    3歳の息子に声を潜めて読み始めたら
    「大きな声で読んでよ〜」と言われてしまいました。

    それくらい最初のページに書かれています。
    小さな声で読むように!と。

    はりねずみ一家がおおかみ夫婦に
    襲われます。
    その時はりねずみがとった行動とおおかみが
    逃げていった理由
    面白いのでぜひ小さな声で読んでくださいね。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かにゆったりと

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    海外のこういう雰囲気の絵本ってどこか懐かしくて見ているだけで気持ちが落ち着きます。
    最初に繰り返される「しずかな しずかな」というフレーズが導入剤になって、静かな世界に引き込まれます。静かな世界、はりねずみの親子がおおかみに見つかって襲われるシーン、じっと丸まって耐える様子は臨場感があります。おおかみが逃げて、最後はホッとしてまた静かな世界。寝る前の読み聞かせにも最適です。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい声で

    私が小さい頃に買ってもらった絵本です。
    1969年の版(なので280円!笑)。
    しずかなしずかな物語なので、小さい頃、私は
    あまり好きではありませんでした。もっと
    明るいお話が好きだったのです。
    でも、大人になった今、読み返してみると
    いいなあって思います。
    ロシアの寒くて静かな森が浮かんできます。

    しずかな声で、娘にも読んであげます。
    娘はしずかに聴いていますが、もしかしたら
    小さい頃の私と同じように、まだ、それほど
    いいとは思っていないかもしれないなあ。
    おおかみが登場するのも不安になるようです。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • しずかなおはなし?

    はりねずみの親子が、二匹のおおかみたちから必死に身を守る自然の厳しさを感じるお話です。
    私には、ちいさなこえでよむおはなし? しずかなおはなし?という感じでした。
    息子も一度読んだら、もう一回読んでとは言ってきませんでした。

    息子がもう少し年齢が上がったら、もう一度読んでみようかな。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しずかなおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / からすのパンやさん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット