ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

フレデリック」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

フレデリック 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1969年
ISBN:9784769020028
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,418
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 独特な世界に引き込まれた

    ずっと前から気になっていた、作品。

    5匹ののねずみが登場。

    その中の1匹が、フレデリックというお名前。

    一生懸命4匹ののねずみはお仕事をしていますが、フレデリックは違うことをしていました。

    何をしているのでしょうか…?

    読めば読むほど引き込まれるお話でした。

    創造力をかきたてられる作品です。

    独特な世界を感じ、4歳以降のお子様に読み聞かせするのがいい様に思えましたね。

    大人の私も、とても気に入る作品でした。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわーっときます

    • ミモザさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    冬に備えて、他のねずみ達とは違うものを蓄えていたフレデリック。

    こうして自分の中に満たされたものは、みんなにもおすそ分けできるし気持ちも温かくなる。

    じわーっと良さが伝わってくるお話でした。
    一匹だけ働かなくても、それで仲間外れにしたりしない他のねずみ達もいいですね。

    先々のことを自分で考えて、自分ができることをする。
    そんなフレデリックにはっとさせられました。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の栄養に

    フレデリックはみんなの手伝いをしようとしない。そこが息子も私もひっかかる点でしたが、目に見える物だけで評価してはいけないと教えてくれた本でもあります。光や色、素敵なお話を集めていたんだというフレディっクは他のねずみたちに夢を与えました。結果的に良かったのか、良くなかったのか、まだ考えさせられています。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実だけでは生きていけない

    • あゆママさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、女の子3歳

    子供にしっかり覚えておいてもらいたい絵本です

    何度も読み返すうちに
    『アリとキリギリス』を思い出しました
    遊んでばかりのキリギリス、だけど
    それが悪いとは思えなくなります

    今年は特に寒い冬ですから
    なおさら南国の暖かさが恋しくなりますよね
    それをイメージできるのは
    実際に体験してなんぼ
    子供たちには色んなことを経験して話せるように
    なって欲しいなと思います

    もちろん遊んでばかりではなく
    社会で働いてお金を稼いで
    それをうまく社会に還元していかないと
    現実はまわりませんが…

    芸能人のように
    人に夢を与える人がいないと
    やっぱり世の中、明るくなりません

    以前なにかで読んだのですが
    アリの集団にも怠け者が、いるそうです
    そしてその怠け者を集団から離すと
    残された集団のアリは効率が悪くなるんだそう

    きっとフレデリックみたいな
    アリがいるんだろうと空想してしまいますね

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちっともかわっていないと思う

    始まりの「うしが ぶらぶら あるいてる。・・・」で
    子供は「どこにもいないよ」。でもすぐに「あ、いた。
    いた。」といしがきの向こうを指差し絵本の中に
    入り込んでいました。
    (実際このページには牛も馬も見えません)

    他と違うことをすると“かわっている”と言われてしまう
    けど、フレデリックは心を豊かにしておく大切さを
    教えてくれました。

    読んだ時がちょうど冬だったので、私達も4ひきの
    ちいさい のねずみたちと一緒にフレデリックの話を
    聞いた気分になりました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩人は働かなくてもよい?!

    ちょっと私には理解できませんでした。
    詩人は働かなくてもよいのでしょうか?
    そういう才能に長けた人もいるので
    それはそれで人を感動させて食べていけるわけではありますけど…。
    みんなが食べ物や暖かくするためのものを運んでいるのに
    じっとしているのが、ちょっと…。
    働かざるもの食うべからず。
    働いて、人と人の中でもまれて、いろいろ辛い事も乗り越えて
    人は成長すると思っているので、
    ミュージシャンは世俗と離れたところで生活しているようなのに
    どうして人を感動させる曲が作れるのだろうと常々不思議だったので
    なんか不思議な絵本だな、という気持ちです。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さまざまなとらえ方

    冬を迎えるにあたり、十分な備えをする のねずみたち。
    蟻とキリギリスの『蟻』です。
    一方、フレデリックは、働かず、ぼーっとする毎日。
    かなり、ずるいなぁ・・・という印象はあります。
    自分が、のねずみ達なら「手伝ってよ!」のひと言くらいは、言うでしょう。

    そして、いよいよ冬到来。
    最初は、のねずみたちは、ぬくぬく。
    けれど、昼も夜も働いて備えたはずのものは、春を待たずに
    やがて底をつきます。
    そして、フレデリックがしたこと。
    きっとこれは、『弁が立つ』ということなのでしょう。
    だから、とらえ方によれば、「なんだ、やっぱりずるい」。

    でも、
    フレデリックは、確かに『ひかり』と『いろ』と『ことば』を
    他ののねずみ達に与えることができました。
    それは、フレデリック自身も意外なことだったかもしれません。

    もしかすると、この出来事によりフレデリックは、
    大きく変わったかも知れません。
    このお話をどうとらえるかは、わたし達次第。
    ただ、あの時、フレデリックが皆とおなじであれば、
    きっと、のねずみ達は、寒さで凍えてしまっただろうなと思いました。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい・・・

    5歳の息子はちんぷんかんぷん、って感じでした。
    「ご飯なくなったんだよねぇ。何で温かくなったの?」
    私も息子も理屈っぽいタイプ。
    うまく説明ができなくて、息子も
    「まぁ、幸せになったからよかった?かな…」って感じの反応でした。

    私自身、フレデリックのことを認められない気がします。
    こんなこと、許せますか?という私への挑戦?
    子供のほうがすんなり受け入れられるのかなぁ?

    やっぱり難しい。そう感じました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の豊かさ

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    フレデリック。最初は、変わっているいうより、みんなが働いているのにずるいと思ってしましました。

    仲間ののねずみたちは、フレデリックに無理強いして手伝わせたり、自分たちが集めたえさだからと分けてあげなかったりしなかったということは、フレデリックの存在を認めて認めているのでしょうね。

    人と違っていても見守っていることの大切さ、心の豊かさ、というものを教えられた気がしました。

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥が深い

    優しい色合いの絵が気に入って開いた絵本。
    あれ? どこかで聞いたような話だな・・・
    ありときりぎりす???
    でも違うな・・・

    よみ終わったあと しばらく無言だった・・・
    何かメッセージがある・・・

    サブタイトルの「ちょっと かわった のねずみの はなし」に集約されているのかも・・・

    フレデリックの詩は・・・
    頭が柔軟な子供たち。
     →素直に感動したり 想像したり 楽しめたのでは?
    わりと型にはめたり自分の思い通りにさせてしまう親たち。
     →物の豊かさより心の豊かさ!!にドキっとしてしまうかも・・・

    この絵本を読んだ他の人たちはどんな事を思ったのだろう・・・

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「フレデリック」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / くだもの / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

全ページためしよみ
年齢別絵本セット