しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

フレデリック」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

フレデリック 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1969年
ISBN:9784769020028
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,632
みんなの声 総数 101
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 詩人の生き方

    みんなが冬に備えて食料をせっせと蓄えているときに、ひとりの世界に入ってしまったフレデリック。
    光や色や言葉を集めているという、現実離れした感覚に周りはついていけません。
    でも働き者のアリとキリギリスの逸話とは全く別の展開です。
    冬のたくわえが乏しくなったとき、何もできないで退屈になった時、フレデリックは仲間を精神的にいやすことができたのです。
    詩人の生き方なのでしょう。
    これを認める仲間も素晴らしい。
    でも、やっぱり独り勝手はやめて、仲間と一緒に働いて欲しいと思うのは親心でしょうか?
    フレデリックが周りに認められなかったら、ただの怠け者だと思ってしまいました。
    レオニさんに試されているような気になりました。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • フレデリックって、、、

     もっと前にこの絵本を読んだら、たぶん
     「フレデリックって、なんだかなー」と、
    否定的に見ていたと思います。
     でも最近、「社会にはフレデリックのような存在が必要」なんだ、
    ということを知りました。それで、世の中がうまくいくらしいのです、、、。
     私は、ちょっと「うーん?」という感じですが。

     「アリとキリギリス」を、ひとひねりさせたようなお話です。
     読む人によって、つっこみどころが、いろいろわかれそうですね。そんなところが魅力なのかな、と思います。

     お話は深いのですが、絵は明るくほのぼのしています。 
     このギャップも楽しいです。

     

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  •  小学4年生の児童に読み聞かせをしました。
     「なんで働かないんだろう。」、「もしかしてアリとキリギリスみたいになるんじゃないか。」といろいろ想像を膨らませながら絵本の世界に入っていました。
     結末をみた子どもたちは、「なるほど。」と関心した様子でした。食べ物も大切だけど何にもないまま過ごすのはつまらない。変わってるけどすごいねずみ。と感想も様々でした。
     自分とは違うものを嫌いになったり、仲間外れにしてしまったり、心の変化が大きい年頃の子どもたちには違いを認め考えるきっかけにもなったと思います。
     なにより、愛らいいねずみたちの表情にレオ・レオニのファンになった子どもたちもおおいです。

    掲載日:2011/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「フレデリック」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / くだもの / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット