十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ね、うし、とら……十二支のはなし」 大人が読んだ みんなの声

ね、うし、とら……十二支のはなし 作:ドロシー・バン・ウォアコム
絵:エロール・ル・カイン
訳:辺見まさなお
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1979年
ISBN:9784593500840
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,562
みんなの声 総数 9
「ね、うし、とら……十二支のはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 一番は多数決!

    • きらきら虫さん
    • 40代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子16歳、男の子13歳

    十二支のはなしを図書館で10冊くらい借りて読み比べてみました。

    ほとんどは動物が競争して、順番を決めるというパターンでしたが、これだけは独特で、面白かったです。



    十二支が決まった所からお話が始まります。

    ねずみとうしが一番を主張したので、他の十匹に聞いて回ることに。

    皆、自分の順番には不満はなく、利害などを考えて、ねずみかうしを支持します。

    同数になってしまったので、町の人たちに聞くことになります。

    そこで、ねずみが知恵を使います。

    自分は小さくて、みんなに見えないから大きくしてほしい、と半神半人のシュン・ユーに頼みます。

    シュン・ユーはねずみを2倍の大きさにしてやります。

    町の人は、見たこともない大きいねずみこそ一番だといいます。

    ねずみのかしこさが勝負を決めたのは、他の本と一緒ですね。


    通常パターンを読んでから、読んであげるのがいいのかなと思います。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人も面白い

    この本は昔家にあった本です。なぜあったのかは分からないし、子供の時は読んだ記憶が全くありませんが、大人になって、さらには親になって子供ができ、絵本に興味を持つようになったので、実家に帰った際に読んで見ました。大人になった今読むと非常面白かったです。十二支ってこうやって順番が決まったんだー、と別に知っていてどうって訳ではないのですが、日本人も干支って皆持っているものだし、豆知識として役立ちました。絵も中国のイメージがして良かったです。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ね、うし、とら……十二支のはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット