庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちいさなくれよん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなくれよん 作:篠塚 かをり
絵:安井 淡
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年01月
ISBN:9784323001661
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,176
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お星様にくらしているんだね

    • まりちゃまさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子2歳

    まもなく3才となる娘がややしばらく気に入っていた絵本です。
    捨てられてしまった黄色のクレヨンが、いろいろな悲しいものたちの役に立っていくお話。
    最後は星に飛んでいく。
    大人からすると、なんだかとても寂しい本です。
    身を削って人の役に立つ、ものを大切に、
    いろいろ考えられる本だとは思いますが、
    娘はどんどん小さくなるクレヨンをちょっとかわいそうに思いながらも、
    最後は星に飛んでいくのを見て
    「クレヨンさんは、きっとお星様に暮らしているんだね。」
    と、いつも言います。なんで?と聞くと、
    「だって、たくさんいいことしたし、お星様をぬりにいったもんね!」
    悲しい最後というより、こういう解釈でクレヨンは今も幸せに暮らしていると思う娘を見て、寂しい本ではないのかもしれないと思いました。
    本を読んで何を思うか、その人なりの感想が持てそうな本です。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子がくぎづけに・・・

    NHKのテレビ絵本でやっており、息子がテレビにくぎづけになったので購入しました。自分を犠牲にしても役に立ちたいなんて・・・考えさせられるお話です。息子は意味は分かっていないと思いますが、集中して聞いてくれる絵本です。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと古いですが

    いいと思います。

    小さくなったケシゴムや鉛筆って

    子供の時、使いたくなくて

    捨ててしまえと思ってました。

    まさにそういったお話。

    ただ、既に小さくなって捨てられた

    ところからのスタートですが

    頑張って、小さくても役に立とう

    とする姿がとってもいいと思います。

    教育上、ステキなお話。

    掲載日:2012/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • クレヨンに愛着を。

    ものの大切さを教えてくれる本です。

    2歳の娘にはまだはやいかなと思いながら
    読み聞かせましたが
    読んだ後、自分の小さく折れて(折って)
    しまったクレヨンをもってきて
    おんなじだーといって
    じょうずにお絵かきしました。
    ちびたクレヨンに愛着をもったようです。
    それでいいんだと思いました。
    それ以上に考えてくれるのは
    もっと先ですね。

    せつないお話で読んでいてきゅんと
    してしまいました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後まで役にたちたい気持ち

    小さくなってしまったから、捨てられてしまった黄色いくれよんです。

    小さくなってもまだまだ役にたちたいくれよんさんの気持ちがとてもよ

    く伝わってきます。屑籠から抜け出して、まだまだ役にたつことを証明

    してくれます。人の役にたちたいという気持ちがとても大切だと、物を

    大切にする気持ちが大切なんだと学べました。

    どんなに小さくなって自分が消えてしまっても最後まで人の役にたつの

    を諦めないくれよんさんに大切なことを学んだような気がします。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が、気になり手にした一冊です。

    思ったより、かわいい、せつない絵本でした。でも、子供にわかりやすくていねいに描かれていました。字が多くて二歳の娘にはまだ展開が理解できず、ではありましたが。

    ものを大事に、そういうことを伝えるには子供にとってとても身近なクレヨン、とてもふさわしいと思い、もう少し経ったらまた読んでみたいと思いました。

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなくれよん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(74人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット