雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

コバンザメのぼうけん」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

コバンザメのぼうけん 作:灰谷 健次郎
絵:村上 康成
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年
ISBN:9784494012336
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,770
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 世間を知ることって

    いつもクジラと一緒のコバンザメが、たまには自分から離れて「世間をしりなさい」と言われます。
    コバンザメは、言われた通り世間の勉強に出かけます。でも、「友だちがいっぱいできても、やっぱりクジラちゃんがすきだからね。」って言い残し。
    クジラとコバンザメは親子のようです。
    親離れ、子離れ。でも親を大切にするコバンザメ。
    灰谷さんならではの子育て論だと受け取りました。コバンザメは知識とともに考えることも学んでいきます。人を思いやることも覚えていきます。本人は気付かないのだけれど、読んでいる人にはわかるのです。
    我が家のコバンザメにはどのように伝わるのかな?
    ただ、私はクジラにはなれないような気もして…。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いコバンザメには、旅をさせろ。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    灰谷健次郎さんの、お話し絵本。

    しっかりとしたストーリーで、縦書きです。

    クジラちゃんが仲良しのコバンザメに、
    「世間」を知る旅に出るように勧めます。

    クジラちゃんのことが大好きなコバンザメ。
    ずーっとクジラちゃんのそばにいられれば、他に何もいらないのだけれど・・
    クジラちゃんが大事だと言う「世間」をしっかりと体験するために旅に出ます。
    たった一晩だったけれど、初めてクジラちゃんと離れて眠りました。
    そして、クジラちゃんの大きさを改めて理解したのです。

    「可愛い子には旅をさせろ」

    見ること、知ること、実体験すること。
    これに勝る教育はありません。
    大きな愛情にあふれた絵本です。

    絵は、魚といったらこの人!
    村上康成さんです。
    さすがです。見事です。
    村上さんの描く、タコが大好きです。
    今回は、立派なおばさんのタコでした〜♪見応えあり!です。

    掲載日:2009/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「コバンザメのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / まくらのせんにん そこのあなたの巻 / じごくのそうべえ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット