モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ゆかいなゆうびんやさん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

ゆかいなゆうびんやさん 作:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵:ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳:佐野 洋子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784579402755
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,932
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読むと二度も三度もオイシい(面白い)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    8歳の子と13歳の子に同時に読みました。
    主人公(?)の郵便屋さんが配達するのは、世界でも有名な物語に登場したあの!キャストたちからのものでした。

    そして嬉しいのは、簡単な仕掛け絵本になっていて、絵本の中に封筒があって、その封筒に本当に差し出し人からの手紙が入っているんです!!
    読み手は、まるで自分が物語のひとりにでもなれたような、楽しい気分でそれを読むことができます。
    もちろん一人読みしても楽しいし、読み語りに使っても楽しい絵本です。
    シリーズ第1作目のこの作品には、「3匹のクマ」あての手紙、「お菓子の家」の魔女あての手紙、「ジャックと豆の木」の大男あての手紙、今は一国の王女となった「シンデレラ」への手紙、そして「あかずきんちゃん」に出てくるオオカミへの手紙などが同封されています。

    うちの子が一番ウケたのは「お菓子の家」の魔女あての手紙。
    それは「小悪魔商会」からの広告で…(ぶふふ)。
    面白かったです。読んで損はしない!素敵な絵本です。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆかいなゆうびんやさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット