ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森 ちいさな魔女とくろい森の試し読みができます!
作: 石井 睦美 絵: 岡田 千晶  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
石井睦美さんの美しい言葉と岡田千晶さんの幻想的な絵で贈る絵本

サンタクロースっているんでしょうか?」 大人が読んだ みんなの声

サンタクロースっているんでしょうか? 作:ニューヨーク・サン新聞「社説」
絵:東 逸子
訳:中村 妙子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年12月
ISBN:9784034210109
評価スコア 4.75
評価ランキング 711
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 末永く多くの人々に読まれてほしい

    • ぴあのさん
    • 40代
    • その他の方
    • 愛知県

    この本の中に出てくる大人たち、すなわちバージニアのお父さん、ニューヨーク・サン新聞の編集長、社説を書いた記者のチャーチ、そして、手紙を出したバージニア、誰かひとりでも欠けていたならば、このお話はありえなかったでしょう。社説になっていなかったに違いありません。この出会いがすべてのような気がします。
    この本を読んで、子供の純粋な問いかけに真摯に向き合える大人でありたいと思いました。
    それにしても、「もしもサンタクロースがいなかったら、・・・」なんて、考えてみたらぞっとします。子供時代だけでなく、我々大人たちもサンタさんには十分楽しませてもらっているはず。見たことのないもの、見えないものこそがかけがえのない大切なものであるということをしっかりと心に刻んでおきたいと思います。
    夢のある素敵な実話だと感じました。

    投稿日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • 挿絵はクリスマスカードのよう

    1897年9月21日のNY、サン新聞の社説です。
    8才の女の子から来た手紙に対する答えが社説として載せられました。
    それが本になって、こんなに長く世界中で読まれることになるなんて。
    子どもが小さい時に買いました。
    今も取り出すたびにパラパラと見ます。
    やさしくあたたかい内容の社説は、おとなになっても、心のポケットにしまっておきたい内容だと思います。

    投稿日:2016/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • サンタクロース

    クリスマスに関する絵本だったので今の時期にぴったりだと思い選びました。登場するサンタクロースがいかにも私のイメージ通りのサンタクロース嬉しくなりました。目に見えるものだけを信じることの寂しさを教えてくれる絵本でした、サンタクロースの存在意義を考えさせられる絵本です。クリスマスの時期にお勧めの絵本です。

    投稿日:2010/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供には難しい?

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    いつ読んだのか忘れてしまったのですが、
    サンタクロースがいるのか?いないのか?とても知りたいと
    思っていた時です。

    イエスかノーかの明確な答えが載っている、これを読めば
    どちらか分るんだ!と思って読んだ為か、意味が分らないまま
    本が終わってしまった印象が強く残っています。

    小学校高学年にならないと、中々内容を理解するのは難しいかもしれません。

    投稿日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1897年9月21日、アメリカの「ニューヨーク・サン新聞」に乗った社説。8歳の少女が出した手紙に、深い洞察力とするどい感性をそなえた新聞記者が、真剣に答えました。

    少女のその後の人生の方向を決めてしまうような、大切な質問を、しっかり受け止めて、真心から返事を書いた新聞記者と、その手紙を取り上げた編集者、少女に「新聞社に問い合わせてごらん」と勧めた父親、当時の新聞を読んだ読者たち…100年以上たって、遠く離れた日本で、文化も言葉も全然違う私にも、この人たちの温かい心が伝わってきました。
    小さな子どもの下らない質問だと、忙しい現実を生きる大人たちは切り捨ててしまったり、答えようがない質問を誤魔化したりせずに向き合ったからこそ、この少女の魂が救われ、また、この絵本を読む多くの人たちにも安らぎや希望が与えられていったのだと思います。

    この本は、単なる絵本ではなく、深い哲学のような気がします。
    このような「大事な質問」に真心でもって答えてくれる大人が、どんどん増えて欲しいと、切に願います。
    サンタクロースさん、もし、大人にプレゼントをくださるのなら、このような素敵な温かい心になれるようにしてください。

    投稿日:2019/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 答えは心の中に!

    「サンタクロースっているんでしょうか?」
    子供たちにとっては確かに疑問ですね。
    いえいえ,大人たちにとっても。
    この答えを知りたい子供も大人もこの絵本を開いてみる価値はありそうです。
    我が家の答えは親の私なりにもう決まっていますが。

    投稿日:2018/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なこと

    新聞の社説が絵本になっているとしり、読んでみました。
    これは、心にひびきました。サンタクロースがいるんでしょうかの問いに、これほど深い答えをかえせるなんて……。
    100年ほども読み継がれるはずだなあ、と。
    小さい絵本で、文章もあっという間に読めますが、とっても大切なことがつまっている絵本だと思います。

    投稿日:2016/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は、サンタクロースはいると思っていますし、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    毎年この時期になるとメディアにも数多く登場しますし、公の場にもプレゼントを運んで持って来てくれますので、このような疑問を持ってしまう事自体が不思議でなりません。私は自分の子供にはこう答えますよ。「何言ってんの、いるに決まってんでしょ!」

    投稿日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同感です

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    サンタクロースっているんでしょうか?と新聞社に質問した女の子への回答。本当にあったできごとなんですね。
    この社説がサンタさんは目に見えなくてもいます、と断言してくれるのは嬉しいですね。
    いい社説なので小学生以上の人は読んでみてほしいです。
    私も同感だと思っています。

    投稿日:2014/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタクロースはいるんです!

    • 蒼良さん
    • 30代
    • せんせい
    • 兵庫県

    とっても粋なお話です。
    架空の話ではなく、実際にあった
    しかも随分と昔の話だというからなおのこと
    すごいなぁと感心するばかりです。

    実際、今の日本で
    純粋な子どものこういう質問に
    新聞記者はどういう対応をするだろう、
    なんて余計なことを考えてしまいましたが・・・。

    こういう粋な大人でありたいものです。

    ただ、8歳のバージニアだったかな?
    少女に向けたメッセージのはずが
    言い回しが少しむずかしいように思います。
    大人はそれでも良いのでしょうが
    もう少し子どもにも理解しやすい言葉であったり
    表現であれば完璧だったのに・・・と思います。

    それでも、真摯に向かい合って
    きちんと答えてくれた新聞記者さんに感動です。
    そして、改めて言うまでもないかもしれないけれど
    サンタクロースは本当にいるんです!

    投稿日:2014/04/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「サンタクロースっているんでしょうか?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はんぶん タヌキ
    はんぶん タヌキ
    作:長 新太 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これからタヌキが化けますよ! 予告するのはいいけれど、半分どころかほとんど化け残るタヌキのお話
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


子どもが喜ぶ「うんち」がいっぱい!世界20ヵ国以上で翻訳の絵本

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット