宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はたらきもののあひるどん」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

はたらきもののあひるどん 作:マーティン・ワッデル
絵:ヘレン・オクセンバリー
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784566003101
評価スコア 4.26
評価ランキング 15,850
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 感謝の気持ちは大切

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    働きもののあひるどんのご主人はのらくらどん。
    毎日あひるどんがせっせと働いても、ご主人はまったく働きません。

    とても可愛そうなあひるどん。
    働いても働いても、ご主人は感謝の気持ちもありません。
    人間だって、頑張っているのに当たり前と思われたり、
    感謝の気持ちもなかったら嫌になってしまいますよね。
    嫌になるというより、やる気がなくなってしまいます。
    でもあひるどんは仕方なく働き続けました。

    生きていれば頑張っていても認められないこともあります。
    でもそんな姿をどこかで見てくれている人は必ずいる。
    頑張ること、やり遂げることそれは意味のあることなんだよ!
    と伝えてくれる本だと思います。

    投稿日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はたらきもののあひるどん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / だるまさんが / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / いないいないばあ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • トントン紙ずもう
    トントン紙ずもう
    作・絵:COCHAE(コチャエ) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★帰省みやげ・室内遊びに★        力士を作って遊べる紙ずもう。年末年始、家族と盛り上がろう!


宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット