モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

いってらっしゃーいいってきまーす 特製版」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

いってらっしゃーいいってきまーす 特製版 作:神沢 利子
絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年04月
ISBN:9784834001822
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,497
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 支えあい

    おとうさんが絵描きで、おかあさんは家庭を支える為にお仕事に朝早く

    から出かけて大変だなあって思いました。

    自転車での送迎は、雨の日や寒い日とか大変だと思うのですが、そんな

    ことも感じさせない明るいなおちゃんとおとうさんに好感が持てます。

    おとうさんとなおちゃんとの会話で信頼しあった親子関係が素晴しいと

    思いました。おとうさんに気を使い、「おとうさん、今日は絵を描きに

    行くんでしょう?もう行ってもいいよ」と思いやりのあるなおちゃんに

    は、ちょっと遠慮しているなあって思ってしまいました。

    保育園では、お昼寝があるから、寝れない孫はどうするのかなあって

    心配になってしまいました。働いているおかあさんですが、なおちゃん

    に対してゆとりがある対応がいいなあって思いました。やっぱり、「早

    く 早く」って言わない子育てが理想だと思いました。裏表紙のおとう

    さんの絵を3人で眺める家族愛を感じたり、人のも触れあいにも温かさ

    が感じられてよかったです。日常の出来事が描かれていて親近感が持て

    ました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしい!!

    この絵本,実は30年くらい前に私が幼児期だった頃に読んでいた絵本で,本屋さんで見つけ懐かしくて,3歳の娘にも読んでみました!
    私自身は,両親が共働きで保育園に通っていたので当時とても共感でき楽しんで読んでいました。
    娘はちょうど幼稚園入園直前だったので,これから始まる集団生活に向けて何かしら感じるものがあったかも知れません。
    保育園に通っているお子さんや共働きのご家庭は,とても共感できる絵本だと思います!
    自分が幼い頃に読んでいた絵本を見つけた時の感動は嬉しかったです!!

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳8ヶ月の息子に読んでやりました。共働きの両親の元、おかあさんが仕事に行くところから始まり、おかあさんに連れられて家に帰るまでの保育園の一日が綴られています。

    うちの息子は保育園ではなく幼稚園なので、多少説明が必要になりましたが、保育園にはおとうさんにつれられていくなおちゃんの様子がとても新鮮に映っていたようです。その途中の様子やお友達に出会うところなど、とても事細かに描かれています。そして、保育園の中で遊ぶ様子も結構リアル。給食やお昼寝、そしておかあさんが迎えにきてからも、その帰り道の様子なんてまさにリアルそのもの。帰りがけに商店街でお買い物までして、親子の会話もそのまま再現され、どこの家も変わりないなーと。

    保育園や幼稚園にいくお子さんにはぜひ読んであげるといい本だとおもいましたよ。

    掲載日:2011/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園を覗いているようです☆

    • まきのすけさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    帰省した時に、実家にあった絵本を娘に読んであげました。
    私も大好きで、ページを何度も見返しては「ゆうちゃんはこの子、きいちゃんはこの子」と、名前の出てくるなおちゃんのお友達を探しながら読んだことを思い出します。

    一時保育で3カ月だけ保育園に通った娘も、
    「○○もみんなでごはんたべたよ」
    「○○もちゃんとおひるねしたよ」
    と、なおちゃんの生活に共感しきりでした。

    お尻ばかりの子どもの目線や、横断歩道のボタンを自分が押したかったこと、塀に空いた穴の向こう側が気になること……

    そうそう、子どもの頃ってこうだった、と気づかせてくれる絵本でもあります。
    「なおちゃん」は普遍的な子どもの姿でもあると思います。

    読んだらきっと、ほんわかした気持ちになれますよ。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • めだまやき

    幼稚園に通い始めた娘に、とてもいいタイトルの絵本だと思い、図書館で借りてみました。
    なおちゃんが同じように自転車で保育園に行くのを見て、とても親近感がわいて楽しいようでした。
    いちばん楽しかったのはみんなでお昼ごはんを食べているところだったようで、この絵本を見てから目玉焼きを見ると「あひるみたい」と言ったりします。
    娘はなおちゃんの楽しい保育園の1日を自分に置き換えて聞いているようでした。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いってらっしゃーいいってきまーす 特製版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット