雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
あおパンダさん 30代・ママ

強い祈り
宮沢賢治の代表作品が、まさか手帳の一頁…

マーシャとくま」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

マーシャとくま 絵:エウゲーニー・M・ラチョフ
訳:内田 莉莎子
再話:M・ブラートフ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1963年5月1日
ISBN:9784834000115
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,276
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もう1つおまけに描いてほしかった絵

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    このお話自体を知ったのは、お話会です。
    いわゆるストーリーテリングの発表会で、他の方が語ってくれたのを聞きました。
    とっても素敵なお話だったので、どこに載っているのかと聞いたら、この絵本から覚えたと聞いて、探してきました。
    (子ども向けの語り用のテキストもあるそうです)

    この絵はあの!「てぶくろ」のラチョフです!!
    もう、素敵です。この絵の味わい。サイコーでした。
    お話そのものはロシアの昔話で、子どもの年齢をあまり問わず面白いストーリーなので、語って良し、絵本で読んでよし!の素晴らしい作品だと思います。
    本の裏には、読んであげるなら3歳から、自分で読むなら小学生中学級向きとあります。

    私は先に語りで聞いてしまったので、
    「マーシャがとても高い木の上からくまを見ているんだ」と、
    くまが錯覚しているシーンで、
    とても高い木にマーシャが登っている(と想像している)絵を思い浮かべてしまったので、
    そんな、くまの想像したマーシャの姿も描かれていたら、もっと素敵な絵本になるのになぁ。と、思いました。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マーシャとくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / こんとあき / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット