あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ペレのあたらしいふく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペレのあたらしいふく 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:小野寺 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年2月3日
ISBN:9784834004625
評価スコア 4.82
評価ランキング 172
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何度も読みたい絵本!

    • ちゃこらんさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子4歳、女の子3歳

    主人公の男の子が自分で世話している子羊がいるのも子どもには新鮮だったようでした。
    また刈り取った毛がドンドン変化していって、洋服が仕立てあがっていくさまも面白く、何度読んでも真剣に聞いてくれました。
    母としては、主人公の男の子が家族やおじさんに頼み事をするときに、「もしもお前が○○をしてくれるならね」という会話が面白かったですし、洋服が仕立てあがる過程をゆっくりと楽しみ、様々なお手伝いしていく男の子から何かしら感じ取ってほしいなぁなんて思ってしまいました。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人がすばらしい

    有名な絵本ですね。羊の毛から服ができるまでの過程を追いながら、ペレが周囲の人々との間でおこなうやりとりが丁寧に描かれています。ペレはただ一生懸命に働くのですが、それを見守り、ペレの成長を願って手助けをする大人たちが何とすばらしいことでしょう。

    私はとても満足して読んだのですが、事件性がない話のせいか、息子には刺激が足りなかったようで、今ひとつの反応でした。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてき!!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    うわぁ!ステキな絵本と感動に似た感じを受けました
    お話もステキなのですが、穏やかであたたかい絵に見入ってしまいます

    ペレは大切に飼っている羊の毛をかりとり
    その毛で服を作ります。
    方々に行き、お手伝いの代わりにたくさんの人の協力を得て
    少しずつ服が出来上がっていきます

    お手伝いすることが当たり前な純粋な姿勢や
    動物からの恩恵に感謝すること
    そして服1つ作るにも多くの人の関わりの上に出来上がっていること・・

    なんともたくさんのことを感じさせてくれるあたたかい絵本です
    いい絵本だなぁとしみじみ思わせてくれます

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 服はこうしてつくられる

    水彩画っぽいタッチの絵の表紙がとても素敵で、思わず手に取りました。

    お話は、主人公のペレが世話をしている羊からある日刈り取った羊毛。これがいろんな人の手を経て、ペレもたくさん手をかけて、糸になり、色がつけられ、布になり、そして素敵なお洋服になっていく。
    その様子が淡々と語られています。
    登場人物がみんな勤勉で、助け合って生活していて、しかもそれが普通だよという雰囲気なのがとってもよかった。

    普段なにげなく身につけている服は、ほんとうはこうやって作られるんだということが、息子にも理解できたようです。

    何度も読み返していきたい絵本です。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとにいろんなことが学べます

    小さな男の子が、自分の羊の毛で新しい服を作るまでのお話です。
    糸を紡いでもらう代わりに牛の番をしたり、お使いのお駄賃で染め粉を買ったりして、最後まで自分が何らかの形で係わって服を手に入れるのです。

    羊の毛から服ができるまでがとても丹念に描かれて、子供にもわかりやすく興味深いようでした。
    また自然の風景や人の表情が美しく優しげに描かれて、絵だけ見ていても飽きません。
    ペレの頼みを聞き入れてくれる大人たちの、決して甘やかさないけれど温かい視線や物を作る喜びが伝わってきます。

    今は便利なものばかり、お金を出せば容易に物が手に入る時代。
    私自身この本からいろんなことを学び、自分たちの物への愛着や大切さ、手作りの心を見直してみようという気になりました。そして子供にも私達が教えていけたらと思います。

    掲載日:2008/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペレのあたらしいふく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット