モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

ペレのあたらしいふく」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ペレのあたらしいふく 作・絵:エルサ・ベスコフ
訳:小野寺 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年2月3日
ISBN:9784834004625
評価スコア 4.82
評価ランキング 172
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 100年前の絵本!!

    青い表紙が目を引くこの絵本、なんと1912年に出版されたスウェーデンの児童作家、エルサ・ベスコフが書いたものです。スウェーデンでも、今でも子供たちに読み継がれている名作中の名作のひとつ。

    ペレという男の子、服が小さくなってきたので新しいのを作ろうと思い立ちます。
    羊の毛を刈り、すき、紡ぎ、織り、染め、仕立て…家族や近所の人たちと協力しあいながらひとつのものを作り上げて行く行程が描かれています。労働して、いくつもの段階をへて手に入れた新しい洋服、ペレはきっと大切に着ることでしょうね。
    (ひとつ、自分でも細かいかな?とは思いつつ、ペンキ屋さんのペレへ向けた「ばかだね」という一言が気にならなくもないのですが…。)

    舞台は昔のスウェーデンの田舎風景なのですが、その絵がまた美しいのです!
    生き生きしていて、瑞々しくて、優しい絵本です。

    現代の、お手軽で物質主義的な私たちの生活の中でこそ、ぜひ大人にも子供にも読んでほしい1冊です。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 労働と対価

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ペレがあたらしい服を手に入れるまでのお話。ペレが育てた羊の毛を刈って…。
    ペレが「○○して」とお願いをすると、大人たちは「してあげるから、○○して」とペレに用を言いつけます。労働して対価を得ることがよく分かるいいお話だなと思います。
    洋服ができるまでの様子も面白いし、勉強になりますね。

    掲載日:2015/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教訓じみてなくていい!

    ベスコフと知らないで買いましたが
    読めば読むほどさりげなくていい内容です。

    息子には、こんな地味な絵本はウケないかな?
    と思ったのですが、意外にも結構持ってきます。

    「ペレはエライね」「ちゃんとお手伝いしているね」
    などとは絶対言いません。

    普通に淡々と読んでいます。

    この絵本をきっかけに、手伝いをしてもらおうと思うと
    絵本のよさが台無しになってしまうので
    あくまで感想等を子供に求めずに
    お洋服ができるプロセスを楽しむのがいいと思います。

    今ではあまり見かけない、糸をつむぐ作業や
    機織り機が出てくるので、息子は「これなあに?」と聞いてきます。

    そうした絵に出会えるのも、この絵本のいいところです。
    お洋服ってこうやってできていくんだなぁとわかりますし
    ペレもよく頑張っていて、読んでいるこちらも嬉しくなってしまいます。

    嫌味がなくて、すんなりと子供の心の中に入ってくる絵本です。
    お子さんに、純粋に読んであげてほしいです。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたらしいふくをありがとう!

    ペレはこひつじの世話をしています。
    洋服がつんつるてんになったので、
    こひつじの毛を刈って、洋服をつくろうとします。
    おばあちゃんやおかあさん、仕立屋さんたちのお手伝いをすることで、
    こひつじの毛は糸に紡がれ、色が染まり、ついには立派な洋服になります。
    それだけでもペレは立派なもんだ、と感心するところですが、
    最後にこひつじに
    「あたらしいふくをありがとう!」と言えるところが偉い。
    努力家で優しいペレに脱帽!

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなことを学びました

    • ユキノユリさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子4歳、男の子3歳、女の子1歳

    ペレは飼っているヒツジの毛を刈り,
    新しい服を作っていきます。
    服を作ってもらう代わりに,
    ペレはあちこちでお手伝いをします。

    1つの物がいろんな行程を経て出来上がっていること,
    労働の対価として自分がほしいものを得ていく過程が,
    全然お説教くさくなく,あたたかい絵でもって,
    わかりやすく描かれています。

    何でもすぐに手に入る時代(すぐに与えてしまうことが問題ですが),
    勉強重視で,お手伝いをあまりさせない昨今の風潮,
    この本を読んで,親のほうが学ぶべきところが多いと思いました。

    最後に,新しい服を着たペレが飼っている子羊に
    「あたらしいふくをありがとう」とお礼を言います。
    感謝の気持ちを忘れないペレ,本当にすてきです。
    こんなこどもに育ってほしいなぁなんて思っちゃいました。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羊さんありがとう

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    新しいものを手に入れる喜びと苦労が、このシンプルな絵本にぎゅっと詰まっています。
    ペレが自分の羊の毛を刈り取るところから、その毛が新しい服に仕立て上がるまで。それぞれの作業を上手にできる人に手を借り、その代わりに自分ができる仕事を引き受けるのです。
    今は何でも簡単に手に入る世の中。
    途中でどれほどの人が関わり、どういう過程を経てそれが出来上がっていくのか、なかなか見る機会がありません。
    こういう絵本でそれを垣間見ることによって、自然とものを大切にする心が育っていってくれたらいいなぁ。
    そして何より、羊さんにありがとうと感謝するペレの気持ちに共感してもらいたいと思いました。
    ベスコフさんの美しくあたたかみのある絵も素晴らしいです。

    掲載日:2010/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなが助け合っている社会。

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     主人公ペレが、飼っている羊から一着の上着を作っていくお話。でも、小さいペレには、人の手を借りずに作ることはできません。そこで、おばあちゃん、もうひとりのおばあちゃん、村の人たち…たくさんの人たちに、力を貸してもらいます。ペレをとりまく大人たちは、とても温かいまなざしで、快くこれを引き受けてくれますが、「代わりに〇〇のお手伝いをしてね。」と、ペレにできることを頼みます。

     無条件にペレの頼みをきくだけでなく、代わりの仕事を与えているところに、村の一員としてペレを認めている気持ちを感じます。娘が4歳の頃に読んだので、娘にははっきりとはわからなかったかもしれませんが、一着の服が出来上がっていく工程にも目を向けながら、社会とはみんなが助け合っているということを感じてくれていたように思います。

     最後のシーンで新しい上着を誇らしそうに着ているペレの顔を見て、役割を与えることで子どもは成長していくんだなぁ、と私も母親として勉強になったことを思い出します。

    掲載日:2010/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孫娘に脱帽!

     私としては、少々地味な(古い)感じで選択に躊躇する絵本かもしれません。

     しかし、内容的には、「みんなの声」で多々語られているように、今の世のありよう(私自身も含めて)に毒されることなく、本当に大事なこと、労働の尊さや人間社会が協働によって成り立っていることを、ストレートに伝えている素晴らしい絵本だと思います。

     ところで、スゥエーデンで1912年!に出版されている絵本とのことですが、スゥエーデンでも読みつがれているのでしょうか?!
     日本での出版が1976年!で、現在も、こうして読みつがれていることに、喜びを感じます。

     最後に、じじ馬鹿。
     「このような絵本を、4歳孫娘が選択し、保育園から借りてきました!」
     孫娘に脱帽!

    掲載日:2006/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ペレのあたらしいふく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット