ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

ねむりひめ」 大人が読んだ みんなの声

ねむりひめ 作:グリム童話
絵:フェリクス・ホフマン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1963年10月
ISBN:9784834000146
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,477
みんなの声 総数 26
「ねむりひめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねむりひめを読み比べ 絵が良い

    たくさんの ねむりひめ グリムのお話も 絵や訳の違いで少しずつお話しの重みが違います
    この絵本はまず 絵が好きです   瀬田ていじさんの訳も良いと思います
    昔のお話しですから 人物の衣装もお話しにあっていると思いました
    姫が15歳の時つむにゆびをさし 予言通り 眠りにつくのです
    そこにいた者すべてがねむり 料理番が小ぞうの耳を 引っ張ろうとして眠りについたところ   屋根のハトもハエも こんな細かいものまで表現されていておもしろく思いました

    いばらで覆われた城 100年の眠りから覚めるその日に やって来た王子    彼は 姫と結ばれる運命だったのですね   
    おじいさんが 城にいくのを おもいとどまらせようとしましたが 言うことを聞かずに城に行くのです
    そして うつくしい姫にキスすると すべてが ねむりから目を覚ますというお話し  
    ハッピーエンドのお話しです

    ラストの絵もいいです みんなに祝福されて結婚式をするところ
    小ぞうがもつ ウエディングケーキも うまく描かれています

    絵本は お話し 絵 読者で 決まると思えました

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無理がありません

    挿絵と言葉に無理がないので
    そのまますっと引き込まれます。
    絵が綺麗で、ただきれいなだけでなく
    無駄がないように思います。
    想像力をかきたてるところもあるし
    絵を見ているだけで雰囲気を感じるところもあるし。
    流れるように美しいお話です。

    掲載日:2011/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねむりひめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / としょかんライオン / ごめんねともだち / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット