ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ロバのシルベスターとまほうの小石」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

ロバのシルベスターとまほうの小石 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784566008359
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,177
みんなの声 総数 78
「ロバのシルベスターとまほうの小石」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 久しぶりに良い絵本に出会いました。

    • れいちぇるさん
    • 40代
    • ママ
    • 徳島県
    • 男の子13歳、女の子10歳

    初めて読んだとき、ストーリーの展開にドキドキ、お母さんの子どもを失ったと思ったときの悲しみに辛くなり、最後はあっと思わせる素晴らしい最後、久しぶりに良い絵本に出会いました。
    ちょうど5月中学生の子どものクラスで読みました、なかなか素直になれない年頃になってきますが、親の愛を感じてほしいなぁと思いながら…。

    掲載日:2016/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもがいなくなったとき両親は

    院内学級での読み聞かせ。
    こじんまりして静かに聞いてもらえたのですが、自分としては苦戦。
    センテンスが長いのと、カタカナ。そして、文章が女性文。何度もつっかえてしまったり読み間違いをしてしまったり読み終えてから反省しきり。
    自分の苦手をむき出しにしてしまいました。
    とはいえ、話は親としてとても考えさせられる内容でした。
    子どもが行方不明になったら親はどうなるのだろうか? 
    ダンカン夫婦の苦しみ、あきらめ、でも忘れられない子どもへの思いが切々と伝わってきます。
    子どもが帰ってきた時、二人の思いは言い尽くせないほどだったでしょう。
    この絵本では、シルベスターが帰ってきます。聞いている子どもたちは、ダンカン夫婦のつらさまでは思い至らないかもしれません。
    親も、自分の子が行方不明になったら(?)などと思い至らないかと思います。
    でも、現実社会では、悲しい事件が後をたちません。
    子どもには、自分がいないと親はこれほど悲しいんだということを少し感じて欲しいと思いました。
    話は戻りますが、この絵本はあわてず、ゆったりとしみじみと読む本だと思いました。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ロバのシルベスターとまほうの小石」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(78人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット