たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

となかいはなぜサンタのそりをひく?」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

となかいはなぜサンタのそりをひく? 作:モー・プライス
絵:アツコ・モロズミ
訳:松野 正子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1994年
ISBN:9784001106213
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,030
みんなの声 総数 22
「となかいはなぜサンタのそりをひく?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • そりのなりたち

    サンタがプレゼント配りに疲れているので、小人妖精のエルウィンがそりを作ります。妖精の願いはなんでも1つだけはかなうので、そりを飛べるようにしてもらいます。

    でも、そりの引手が見つかりません。ぞうにひかせたら失敗。わにが立候補したらサンタが拒否。ハスキー犬を使っても失敗。

    でも、トナカイを助けたことがあり、お礼にとトナカイがそりを引いてみたら、乗り心地抜群で上手に飛べました。それ以来、トナカイに頼むことにしたという話。

    なかなか興味深く読めて、良かったと思います。娘も喜んでいました。

    掲載日:2015/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスにお勧め

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    図書館の返却棚にふと目をやると、トナカイが力強くソリを引く姿の凛とした表紙絵に惹かれました。(表紙は裏と繋がっている素敵な絵でお勧めなんです)ちょっと長めのタイトルも心そそられ借りて帰りました。サンタと妖精が走って仕事(プレゼントを配る)をしていたのですが、年々配る先が増えて、どうにも間に合わないかもと思案します。ソリを使おうとなりますが中々そりを引く動物が見つからず困ってしまいます。とここまで来ると何となく先は読めてしまうのですが、ここからが素敵なエピソードなのです。だから秘密にしておきます。とても暖かい気持ちになれて、納得のいくお話でした。息子もだから、トナカイとサンタさんは仲良しなんだぁと言っていました。大人も子供もフムフムとなるクリスマス時期にお勧めの絵本ですよ。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 120%答えを返してくれます

    そういえば去年、娘にこの質問をされ答えに窮してしまいました。
    おかげでスッキリ解決したようです。

    絵が確かで綺麗でおもしろかったです。
    表紙のトナカイの躍動感溢れる絵に「ふわぁぁぁ」と感動し、好感を持ちました。
    作中でも、デッサンは確かなのにどこか可愛い動物達。とても楽しい気分に。

    そりゃゾウがひけばそうなるでしょうし、ワニはちょっとねぇ。犬は……そうきたか。妙に納得です。
    娘と挿絵以外の動物だったらどうなるかという想像に華が咲きました。
    子どもならではの疑問に、120%返せる絵本だと思います。答えに困ったら、どうぞ!

    掲載日:2008/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「となかいはなぜサンタのそりをひく?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット