ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

ぞうのババール こどものころのおはなし」 大人が読んだ みんなの声

ぞうのババール こどものころのおはなし 作・絵:ジャン・ド・ブリュノフ
訳:やがわ すみこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1974年10月
ISBN:9784566000001
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,693
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぞうの王様

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ぞうのババールが王さまになる前のこどものころのお話です。
    最初から2足歩行して服を着ているイメージだったのですがそうではないのですね。4足歩行して服を着ていない普通のぞうの姿に逆にびっくりしてしまいました。
    人間のところに行っても十分立派にやっているババール。先生に教えられて、間違えたことが一度もないなんてすごいです!
    このババールが今後のババールシリーズにつながっていったんですね。

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一転

    森で狩人に襲われて逃げ出したババールのお話です。

    街で出逢った優しいおばあさんと暮らすことになり、ババールの生活が一転する所が面白いなぁと思いました。
    特にエレベーターで遊んで叱られてしまったり、衣服を買ったり、お風呂に入ったりと、まるで人間同様の生活ぶりをする所が気に入りました!

    シリーズ化されているので、是非他の作品も読んでみたくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぞうのババール こどものころのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / うずらちゃんのかくれんぼ / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット