しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。

うちがいっけんあったとさ」 大人が読んだ みんなの声

うちがいっけんあったとさ 作:R・クラウス
絵:モーリス・センダック
訳:わたなべ しげお
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年11月16日
ISBN:9784001105810
評価スコア 4.09
評価ランキング 18,795
みんなの声 総数 10
「うちがいっけんあったとさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • のびのび

    いいなあ。子どもは自由でのびのびしていて。
    私も、いろんな妄想しますが、もっといやらしいくらい
    現実的で(妄想なのに)、おもしろくもない感じになって
    しまうものなあ。
    いっけんのうちでも、こんな風に想像できるなんて
    うらやましいです。

    掲載日:2017/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不思議だけど…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ちんとんしゃん てれつくてんてんすててて てん
    で始まる、リズミカルな文章に、ついつい、節をつけて読んでしまう不思議な世界です。
    男の子が描く、一軒の家は、
    りすのうちでもありません。
    ろばのうちでもありません…
    そして、いろいろな場所に表れる家は、なんだか子どもたちが大好きになりそうな気がします。

    おとなも、子どもの頃の心に戻って、いっしょに楽しめるちょっと不思議な楽しい世界です。

    掲載日:2009/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちん とん しゃん

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    頭のなかの世界にセンダックの絵がぴったりです。

    見開きのネイビーブルーと、本文の背景の黄土色がとても雰囲気がよくて、不思議な世界に引き込まれます。

    子どもたちの頭の中は、きっと絵本よりも不思議な世界なのでしょう。
    この絵本に子どもたちのほうが引き込まれると思います。

    渡辺さんの訳もすてきで、リズムがよく楽しいです。
    「ちん とん しゃん」「てれつく てんてん すててん てん」は原文はどう書いてあったのか興味があります。

    掲載日:2008/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うちがいっけんあったとさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / そらまめくんのベッド / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くだもの / おおきなかぶ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット