しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きつねの子(1) きいろいばけつ」 大人が読んだ みんなの声

きつねの子(1) きいろいばけつ 作:もりやま みやこ
絵:つちだ よしはる
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1985年04月
ISBN:9784251006936
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,098
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 他の巻もよみたい

    きつねの子が、きいろいバケツをみつけます。とっても欲しくなりますが、だれかが忘れたのかも。いや、もう、いらないのかも。
    結局、友だちと相談して、一週間まってだれもこなければ、きつねのこのばけつにしようときめました。
    それから、きつねのこは、毎日、毎日ばけつを見に行きます。きつねのこの気持ちに共感して、ばけつがあるかどうか、なんだかドキドキしながら読みました。
    子どもの目線になれる物語のような気がします。シリーズのようなので、他の巻も読んでみたいと思います。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもいいシリーズですが!

    絵本から児童書への移行期にぴったりな幼年童話です!
    「きつねの子シリーズ」の1作目です。
    こちらのシリーズ,可愛らしいイラストと大きめな字が子供のはじめての一人読みにもよさそうで購入を考えています。

    「きいろいばけつ」のお話は子供心がよく描かれてますが,1つ気になる点が。
    きつねの子が見つけた「きいろいばけつ」,1週間という期間を設け自分の物にしようと様子を見るお話なのですが,その姿は子供らしくて微笑ましいし結果はきいろいばけつがなくなってしまいきつねの子の物にはならないのですが。
    この「落ちていた物を自分の物にする」という行為。
    親の私としては,「例え1週間置いてあっても持って帰って来てはいけない」と我が子には教えてしまうタイプなので,お話を否定してしまう気がしてなりません(苦笑)。
    図書館で1度読むにはいいけど,手元に置くにはどうだろうと考えてしまい(考え過ぎですかね(笑))。
    購入は2作目〜にしようかと検討中です。
    大人目線で☆4にしました。

    掲載日:2016/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 近所の信用金庫のキャラクターの絵を

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    こちらの絵本作家さんが描いてくださっています。きつねのバケツに対する思い、ドキドキが凄く伝わってくる本です。欲しいものがあるとすぐに「わたしのもの!」と言っちゃう我が子がこのお話を理解できるようになるのはもうちょっと先か…。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 丸木橋のそばで見つけた黄色いバケツ。
    キツネさんは誰のものか気になって仕方ありません。
    落とし主が見つからなかったら、自分のバケツにしたいキツネさん。
    キツネさんは友だちと相談して一週間待つことにしました。
    その一週間、キツネさんはバケツが気になって、時折見に行きます。
    こんな思い出ありますね。
    気になるバケツだから、早く落とし主を見つけてあげたいのです。
    持ち主がどんな人なのかも気になって仕方ないのです。
    キツネさんはバケツのことを思い、持ち主のことを思い、そして一週間がたちました。
    バケツはなくなってしまいました。
    でも惜しかったなどとは思わないのです。
    黄色いバケツはキツネさんにとても良い一週間をプレゼントしてくれました。
    この感覚を、大人になったからって忘れてしまってはいけないですね。
    親として思いました。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教えられることいっぱい♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    あ〜、これも保育園で年長さんにリクエストされて
    読んでいるなぁ・・・
    でも、なんだっけ・・・(+_+)ゞ

    そうそう「根気」を教えられ
    “どう考えるか” ということも
    モノを思う気持ちも教えられたように思います

    それでなくても、こどもたちは
    モノが溢れて
    物を持っているのが豊かのステイタスみたいな
    風潮がありました

    3・11の震災でまた違った考え方が出来るようになったかと
    思われますが・・・

    この幼年童話で、「物欲」の原点に戻れる
    気持ちがします

    シリーズを読み返そうかと思っています♪

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねの子(1) きいろいばけつ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット