おばけとおでかけ おばけとおでかけ おばけとおでかけの試し読みができます!
作・デザイン: 新井 洋行  出版社: くもん出版
おばけの友だちに会いにいこう♪ 手と声で参加する楽しい絵本!

ガンピーさんのふなあそび」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ガンピーさんのふなあそび 作・絵:ジョン・バーニンガム
訳:光吉 夏弥
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1976年09月
ISBN:9784593500307
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,583
みんなの声 総数 70
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ガンピーさんの鷹揚さがいいんです。

    • はなしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子11歳、男の子9歳

    ほんわかとした絵のタッチ同様、主人公のガンピーさんも実に優しい人物です。
    ガンピーさんの船に次々と乗り込んで来るお客様に、条件を一言添えて乗せてあげるガンピーさん。始めは、順調そのものなのですが・・・。
    ガンピーさんの言いつけを守れなかったせいで、船が転覆。
    みんな揃って川の中・・・。
    当然、怒ると思っていたのにガンピーさんは、全く怒らず、鷹揚としています。
    これには、読んでいた私もビックリです。
    私なら、絶対に
    「こらー!ちゃんと言ったことを守りなさーい!」
    と、まくしたてていることでしょう。

    でも、怒らなくっても、本当は、みんなわかっているのですね。
    自分が、一番悪かったということ。

    うーん。ガンピーさんは、すごい。
    私も、こんな人にいつかは、なれるかしら。
    子供も、幸せそうに何度も読んでおりました。

    掲載日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ガンピーさんは自然体

    ほのぼのとした絵と、ゆったり感。
    癒し系です。
    ガンピーさんが船を出すと、子どもが乗せて欲しいと言ってきます。
    「けんかをしなければね」とガンピーさんは船に乗せてあげます。
    それから次々にいろんな動物が船に乗ってきます。
    ガンピーさんはただただみんなを受け入れます。
    ただし、乗るときに言われた条件は動物にしてみれば我慢することばかり。
    船がいっぱいになったところで大騒ぎが始まりました。
    みんなが川に落ちてしまうのですが、何事もなかったように岸にあがって体を乾かしたらガンピーさんの家でティータイム。
    自然体で何でも受け入れてくれて文句を言わないガンピーさん。
    大人にとってはチクリと痛いところですが、自分もこうありたいと思いつつ読んでいました。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ガンピーさんのふなあそび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

みんなの声(70人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット