ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。

たまごにいちゃん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.73
評価ランキング 923
みんなの声 総数 165
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すべてのお母さんに読んで欲しい絵本

    • モコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    最初に読んだ時は、絵も内容もかわいいお話だなぁという感想だったのですが、表紙の裏に書かれたあきやまただしさんのコメントを読んで、この絵本の奥の深さに気が付きました。たまごにいちゃんは誰のお子さんにもあてはまると思います。親としては、早く殻を破って自分で何でもできるようになって欲しいと焦る気持ちがあります。ただ、いつかは子供は自分で、もう卵ではいられないと気がついて巣立っていくものなのですね。だから息子が自分ですべての殻を破るまで、にわとりのお母さんのように暖かく見守ってあげたいなぁと思いました。

    子を持つお母さんなら必ず共感できる絵本なのでぜひお母さんに読んでいただきたいです。感動しました。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • うちの子もたまごにいちゃん

    3歳の息子のお気に入りです。

    いつまでも赤ちゃんでいたい。というたまごにいちゃん。
    下の子が生まれたことで、いつまでも赤ちゃんでいたい。
    という気持ちをこの絵本で追体験?しているのでしょうか。

    赤ちゃん返りをしたりお兄ちゃん風ふかせたりと忙しくしているので
    この絵本を読んで赤ちゃん返りが少しでも収まるといいのですが。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にもあるこの気持ち

    ずっとずっとおかあさんにあっためてもらいたい。もうこうしていられる時間ではないことは、なんとなくわかっているけれど・・・。

    子どもに限らず、こんな気持ち誰にでもあるなと思います。
    なかなか一歩踏み出せなくて。でも一歩踏み出してしまえば、あれ?どうってことないかも?

    幼稚園になかなか行きたがらない息子になにか伝わったものがあったかな?

    おとなの方にもぜひ。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキッとする本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ひよこ(にわとり)の成長を描いた本です。たまごにいちゃんは中身はとっくに大人だけど、たまごの殻を脱げずにいます。でもひょんなことからとうとう・・・。
    こういう経験、きっとみんなするんだろうなって思います。まだまだ子どもの自分でいたいって気持ち。一度、殻を破れば、なんてことないんですけどね。
    また娘が小学生くらいに読んでみたいと思います。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもも同じ

    たまごのままでずっといたいと思っているたまごにいちゃん。
    最初、なんだか不思議な絵本だなと思っていたのですが、最後まで読んでみて納得!
    こういう気持ち、きっと子どもの中にもあるんじゃないかな。
    娘も食いついていました。
    確かに娘もよく、「おねえちゃんだもん!」と言ったり、「まだ赤ちゃんだもん!」と言ったり。その間でぐらぐら揺れていることがあります。
    大きくなりたいような、そうでないような。
    そんな子ども心をとても上手に表現した絵本ですね。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読むとイイ

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    妹ができたので、なんとなく読んだ1冊です。
    たまごから出ていないといけないんだけど、まだたまごのからをつけたままのたまごにいちゃん。
    ずーっとたまごでいたい、このたまごにいちゃんはまるでうちの息子のようです。
    うちは、そんな息子にたいしてあまり早く大きくなるといいなあという思いがないのですが、それでも共感できる部分が多少あり、息子というより大人がぐぐっときた絵本です。

    掲載日:2014/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 繰り返しなんども読んでる絵本

    • 魔王さん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県

    3才の息子達と一緒に読みました。
    もうそろそろたまごにいちゃんを喜ぶ年頃かなと思って読んだのですがピッタリでした。すごく釘付けで絵本を見入っていて、繰り返しなんどもなんども読みました。そしてこの絵本には何刷もシリーズがあると知って彼らは全部読みたい!と熱望してます。
    それくらい面白かったようです。あきやまただしさんの絵は毎日教育テレビで「はなかっぱ」を見ているのでおなじみだったし共感出来るところがあったのかもしれません。

    掲載日:2012/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい

    絵本クラブ対象

    ニワトリのお兄ちゃんがたまごの殻をずっとかぶたまま生活しています。

    娘より私が気にっています。

    たまごからのぞいている愛らしい顔
    短い足
    大切にしている殻

    くしゃっと割れ

    その後のお兄ちゃんも気になります。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • せりふまわしがいい

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    甘えん坊の3歳の娘に。お姉ちゃんを頑張っている娘に。
    なかなかたまごから出ようとしないたまごにいちゃんの気持ち、おそらく娘はだれよりも理解したんじゃないでしょうか。購入してからしばらくはずいぶん気に入って読んでいました。
    たまごにいちゃんの独特のしゃべり方(〜ですよ、おとうとよ、など)もなんともかわいくていいです。読んでいて楽しくなります。
    たまごにいちゃんシリーズはこれしか読んだことはありませんが、他のも読んでみたいなと思う作品です。

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが思うはず

    あぁ・・うちの子みたい。
    って、だれもが思うようなそんな本です。

    そして、すこししみじみして
    いつしか 卵の殻を割って大きくなる姿を想像して
    嬉しさと少しばかりのさみしさを味わいながら
    息子をぎゅっと抱きしめたくなりました。

    たまごから出たくないたまごにいちゃんを
    息子は神妙な顔で聞いています。
    なんとなく、たまごにいちゃんの気持ちがわかるのかな?

    お気に入りは、カラスにおいかけられて
    転がって、石にぶつかっちゃうシーン。
    目がくるくる回っているところが面白いのだそう。

    図書館で借りてきたのだけど、
    あんまり気に入っていたので
    こっそりばあばちゃんが本屋さんで買ってきてくれました。

    掲載日:2011/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たまごにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / めっきらもっきらどおんどん / おでかけのまえに / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

全ページためしよみ
年齢別絵本セット