モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

たまごにいちゃん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.73
評価ランキング 875
みんなの声 総数 163
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たまごにいちゃんは子ども心の代弁?

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     読み終わったら6歳の娘が
    「かわいそう」
    と一言。
    「なんで?」
    と聞くと
    「からがわれたくなかったのにわれちゃったから。」
    との答えでした。
     それを聞いて、子どもがまだまだ甘えたいと思っているのに、無理矢理親離れさせるのって酷かな…とちょっと考えさせられました。子ども心を考えさせられる絵本です。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • たまごにいちゃん、最高!

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    立ち読みをしてぜひ、読んであげたい!と思いました。
    そして、一発で、みんな、たまごにいちゃんの大ファンになってしまいました。
    ママや弟にも律儀な態度の立派なおにいちゃん、
    だけどなぜかまだ、たまご。
    そのギャップがたまらない!こどもも、そこに惹かれたようです。
    子育てという視点で深く読めば、思うところもいろいろあるけれど、
    でも、ただ単純に笑えます。おもしろいです。最高です!

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も!

    ずっと読みたいと思っていて読みそびれていた絵本。
    もう年齢的に物足りなくなってしまったかなあ?と
    思っていたので、立ち読みOKの絵本の中に選んでいただいて、
    とても嬉しく思いました。

    娘の反応は予想以上。
    私も娘の今と重ねて読むことができました。
    日々、自分自身の成長を感じ取っている娘は、
    まさにたまごにいちゃんと同じで、卵の殻から出てくることに
    不安や寂しさを抱いているようです。
    度々、「大人になりたくない。今のままがいい。」と言って、
    涙を流す娘。

    でもね、たまごにいちゃんのように、「新しい自分」の
    姿もきっと今と同じくらい気に入ると思うよ!
    いつも「今が1番!」と思いながらも、大きくなることにも
    喜びをたくさん見出してもらえるように、私自身もしあわせな
    母親でありたいな、と思いました。

    掲載日:2010/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんな姿でも

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    たまごから出たくなくて、殻が割れないように頑張っているたまごにいちゃん。

    たまごのままでいたいのは、おかあさんに温めてもらえるから。おかあさんが、大好きなんだね。

    殻に入ったままのにいちゃんを受け入れているお母さん、弟もステキだなと思いました。そして、殻から出ても、やっぱりみんなにいちゃんが大好き。にいちゃんも、大きくなった自分自身も好きになれて、よかった!

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が大好きな本です

     表紙のたまごにいちゃん、とっても可愛いです!色もカラフルで、読

    んでてとっても楽しくなります!

     おかあさんからいつまでも離れたくない気持ちがよくわかります。

     私ももう30過ぎてるのに、できることならば子供にもどって母に甘

    えたい気持ちをいまだに持っています^^

     私の子供もそんな私に似ていて、とっても甘えん坊です^^

     でも、いつかは親離れをしていきます。

     それをうまく絵本にしてくれています。

     子供もこの絵本は大好きなので、いつまでも読み続けてもらいたいと

    思います。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • まだまだたまごの中にいたい!

    初めて読んだときは単純にかわいいお兄ちゃんね、なんて思っていました。見た目もとってもかわいいですし。
    でも何回も読んで、子どもにも読んであげているうちに
    なんとなくたまごにいちゃんの気持ちがわかってきたような気がします。

    まだまだ甘えていたい気持ち。
    本当は大きくなってきたけど、まだそれを受け入れたくない気持ち。
    これがいっぱいつまっているのですね。
    たまごから出ていかなくちゃいけないけど、わかってるんだけど、
    でもたまごを大事に守ってきていたんだなあって。

    でも、ついにたまごにヒビが入った瞬間。
    「くしゃ」という音で、にいちゃんも観念したようです。
    思わず私も「あっ!」と思ってしまいました。
    にいちゃんのたまごはついに割れてしまいますが
    でもかっこいいにいちゃんに会えて、それも嬉しい瞬間でした。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまで甘えるのかな

    私は立ち読みで、娘は園でシリーズを順繰りに読んでもらい、それぞれバラバラに読んでいたのですが、園で一大ブームを引き起こし、劇遊びの題材になったほどで、ぜひ母子で一緒に読みたいと今回ゆっくり楽しみました。

    今まで園で楽しんだ箇所を教えてくれたり、オチを教えてくれたり、すっかりタマゴにいちゃん博士の娘。
    娘もたとえ弟が大きくなっていても甘えて殻に入っていたいのですって。
    どうなんだか(笑)
    わかりやすく子どもが自分を重ねられる代弁系の絵本でしょうか。
    一緒に読んで、思いっきり甘やかしてあげるのもいいですね。
    女の子には「たまごねえちゃん」がありますよ〜。

    掲載日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たまごにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / おでかけのまえに / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット