十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

たまごにいちゃん」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2001年09月
ISBN:9784790250708
評価スコア 4.73
評価ランキング 875
みんなの声 総数 163
「たまごにいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の殻を破ること

    弟ができても卵の殻にこもっていたいお兄ちゃん。
    殻にこもることの安心感と、甘えている安堵感。
    でも弟の方が成長していきます。
    卵の殻が破れたら…。
    ひよこを通り越しているのが笑えますが、殻にこもっていてもちゃんと成長しているよってことですね。
    説教っぽく読んでしまうと、せっかくの楽しいお話が面白くなくなってしまいそうなので、お話と絵を楽しむだけにとどめましょう。

    明快な絵で明快に語られているけれど、結構思いのこもったお話です。
    幼児向けのようで、本当はそろそろ殻を破ってほしいと心配になってきた、中学年以上にさりげなく見せたくなったりします。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんは読んでね!

    この本は小学校の読み聞かせ、図書館でのおはなし会でも読みました。小学校は5年生と3年生と2年生、図書館のおはなし会は3か月から7歳くらいに読みました。「たまごにいちゃん」シリーズはたくさんありますが、一番この本が好きです。子供たちもすごく喜んで見てくれますが、私はお母さんに読んでほしいなあと思います。子供の気持ち、特にお兄ちゃんやお姉ちゃんの気持ちがわかる素敵な本です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわくないよ。

    • 桂はなさん
    • 20代
    • せんせい
    • 千葉県

     小学校1年生から6年生まですべての学年で読みました。そろそろ進級に向けての心の準備が始まるこの時期、○年生になりたくない子はいないかな?と問いかけると、ちょっと苦笑しながらちらほら手が上がります。

     たまごにいちゃんもそんなにいちゃんなんだよ。

     表紙を見せただけでもう大ウケ。ずっとくすくす笑いながら見ています。殻にひびが入ってしまうページでは、必ず小さな悲鳴が上がります。最後、立派な(?)にわとりになったおにいちゃんに、やっぱり苦笑いしながら、ちょっとほっとしたように拍手。
     いつまでも卵の中にいたい、甘えん坊で怖がりの子どもたちに、あせらなくても大丈夫、ということとともに、殻を破るのはそんなに怖いことじゃないよ、とそっと背中を押してあげられる本だと思います。

     ちなみに先生方にも大ウケでした。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たまごにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / おでかけのまえに / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット