だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

うさこちゃんおとまりにいく」 大人が読んだ みんなの声

うさこちゃんおとまりにいく 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:まつおか きょうこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1993年04月
ISBN:9784834011678
評価スコア 4.16
評価ランキング 17,054
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ブルーナさん

    ブルーナさんの作品が好きなのでこの絵本を選びました。友達っていいなと思える絵本でした!しかもお泊りなんてなんとワクワクして楽しい!主人公達が満喫していて楽しくて仕方がない様子が伝わってきました。主人公のお母さんも反対せずに主人公を信頼して許してあげた事はとても素晴らしいと思いました。素敵な時間を大好きな友達と過ごせる主人公に幸せを分けてもらった気がしました。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供同士のお泊りは楽しそう

    うさこちゃんがお友達に招待されて、遊びに行くことになりました。
    しかも、お泊りで。
    お母さんは、バスの停留所まで送ってくれました。
    お友達とお母さんはバスの停留所で待っていてくれました。
    お友達と会ったうさこちゃんはおしゃべりしたり、あそんだりして
    一緒にお風呂に入って一緒に休みました。
    わくわくとても楽しいお泊りだったようです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うさこちゃんおとまりにいく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.16)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット