しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おばけパーティ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おばけパーティ 作:ジャック・デュケノワ
訳:大澤 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503308
評価スコア 4.73
評価ランキング 880
みんなの声 総数 119
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばけもおばけ見て怖がるんだぁ〜

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    おばけブームのうちの息子。
    カーテンやタオルをかぶって「おばけだぞ〜」とか、毎日そんなことばかりやってます(笑)
    夏だし、そんな息子のためにおばけの絵本を!

    おばけのアンリは、友達を家に招いて晩餐会を開きます。
    アンリはおぼんにのせて料理を運びますが・・・
    アンリは壁を抜けられるけど、おぼんは通れないのです。
    それに、アンリが用意した色とりどりのカクテルを飲んだら、
    みんなそのカクテルの色になっちゃうんです。
    そのほかの料理も、全部その色になっちゃうから、おばけたちってなんだか忙しそう!
    「へぇ〜おばけってそうなんだぁ」って、妙に感心しちゃいました。

    アンリが「今夜の特別メニューだよ」って出てきたものを食べると、
    みんな「ほっぺがとろけそう!」と言いながら
    透明になっちゃいます!
    これはいったいなんなの〜?
    最初はアイスクリームかなぁと思ったのですが・・・

    でも、おばけ同士は見えてるみたいで、
    透明なままお皿を片付けたり、つまづいてこけたりしています。
    (おばけってつまづくの〜?)

    コーヒーを飲むとおばけたちは見えるようになります♪
    人間だったらこれでお開きというところですが、
    おばけは最後に元の色に戻るためなのか、白いものを飲んでいます。
    ってことはおばけの晩餐会は、どこもこの飲み物で〆るのかなぁ!?

    最後にみんなをビックリさせちゃったアンリを見て、
    息子は「おばけやなぁ」と一言・・・
    いやいや、みんなもアンリも、もともとおばけですから!(笑)
    おばけなのに、おばけを見て怖がるなんて、
    なんだかかわいいなぁと思って笑ってしまいました。

    おばけのことが分かったような、余計分からなくなったような・・・
    不思議な絵本ですね。
    子どもも私もたっぷり楽しませてもらいました!

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ユーモアがあって楽しめます♪

    息子も私も大好きなシリーズです。

    かわいいおばけたちが、お友達同士でわいわい楽しくパーティー♪
    飲み物の色や食べたものに合わせて、おばけたちの色もどんどん変化していく、とっても分かりやすいお話。
    おばけたちにもこんな日常があると思うと、すごく身近に感じるしワクワクします。

    子どもって「怖い〜」なんて言いながらも、おばけが大好きですよねー(笑)
    息子は、幼稚園に上がる前から小1になった今でもお気に入りの絵本です。
    小さい頃は絵本をそのまま楽しんで、今は自分で考えた食べ物とおばけたちの変化を絵にして、お話を付け加えたりして楽しんでいます。
    その中には、なかなかユニークなものがあったりして、こちらも楽しませてもらっています。
    子どもの発想って面白いですね^−^

    お話は、かわいい締め言葉で終わります。
    最近、息子はお友達に嫌なことをされても「もう、○○くんったら!」って言ってみると、少しその子を許せる気になることを発見したらしいです☆

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後が楽しいらしい

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子2歳

    2歳の次男に読みました。

    おしゃれなフランスのおばけの本です。小さい子には少し言葉が足りなくて、場面をうまく理解しているのかな?と感じる部分はありますが、息子はとても気に入っていて、特に最後のアンリがおともだちをおどかすシーンが大好きです。

    おばけがおばけをおどかすとか、その発想がしゃれていますね。

    掲載日:2015/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愉快な晩餐会に大満足☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    2歳の娘が大好きなおばけの絵本です。
    おばけのアンリがお友達を招いて晩餐会。
    コース料理が運ばれるテンポが
    お茶目なおばけたちと相性がよく、
    何度も読んでしまう絵本です。

    おばけたちは食べたもので
    色が変わります。(透けるのかな?)
    サラダを食べて「みどり!」
    サーモンを食べて「ピンク!」
    チーズを食べて「きいろ!」
    色の変わったおばけを
    娘は楽しげに色を言って指さし。
    でも、とあるメニューを食べてからは
    透明になってしまうページが続きます。
    「いない!」・・・「いない!」・・・「きえちゃった!」
    娘の焦る姿が可笑しい。
    そして娘は結末を目にしてから、
    アンリがどこにいるか、いつも気にして見ているようです。
    キッチンを指さし、「いるね!」と。
    食卓に誰も描かれていない裏表紙も
    娘にとっては一大事。
    「いない!」「きえちゃった!」と。
    最後まで気が抜けませんね。

    おばけの変わりかたの絶妙さに感心。
    お月様が少しずつ動いたり、
    カクテルやミルクのカップなどがカラフルだったり、
    細かいセンス、おしゃれなデザインが素敵。
    さすがフランス発の絵本、大人も面白く読めます。

    お友達をもてなしたり、
    料理を褒めたり、後片付けを手伝ったり。
    礼儀正しい、可愛いおばけたち。
    さらに透ける特性がユニークに活かされているので
    子どもでも彼らをこわがったりはしなさそうで安心です。
    夜空の下、お城を後にする白いフヨフヨたちはどの子もお腹いっぱい。
    その可愛い、幸せ〜な姿に、読んでいるこちらも満たされます!
    親子で楽しめる、可愛い絵本です☆

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜ透明になったのだろう?

    2歳半の息子はオバケ嫌いなので、オバケのイメージを払拭しようとして
    借りてみました。
    ので、かわいらしいオバケの絵本を選びました。

    絵がとてもかわいいです。
    最後の特別メニューを食べると、オバケたちが透明になってしまったり(なぜなんだ?)、
    お盆を壁に通せなかったり、
    ちょっとしたエピソードが、クスっと笑えるものでした。

    息子は初めは読むのを嫌がっていたのですが、
    読んでみたら、食べた物によってオバケの色がかわるストーリーなので
    とても興味がわいたみたいです。

    かわいいし、こどもが喜ぶ要素がたくさんあるし、
    バランスの取れたいい絵本だと思います。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人も一緒に楽しめる

    おばけのアンリが友だちを招いて、自分のお城の大広間で晩餐会をするおはなしです。ストーリーも挿絵もとってもかわいくて楽しくて、一度読んだだけで親子で大好きになりました。
    アンリがつくった料理をみんなで楽しむ姿がいいです。カクテルを飲めばカクテルの色に、スープを飲めばスープの色に。チーズを食べればチーズになっちゃうおばけたち。とくべつメニューを食べて姿を消してしまったおばけたちがみんなでお皿洗いをするシーンがまた笑いを誘います。
    食後にコーヒーをいただいたりと、ちょっと大人っぽい行動をするのもまたニクい。大人も子どもも一緒に楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • これでコーヒーと言う言葉を覚えました

    私はよく娘の前でコーヒーを飲んでいます。この絵本の中に出てくるお化けたちのように、娘は一緒になって、「うーん、いいかおり」「きみのコーヒー、さいこうだ!」と、私がコーヒーを飲むたびに言いに来てくれるようになりました。お化けたちの会話がとてもかわいらしいです。
    また、この絵本は絵も素晴らしいです。食べのもや飲みものによって様々に変化するお化けのたちの様子や、時間の経過とともに月の位置が変わる様子など、シンプルな発想ですが、面白く、大人でも楽しめる一冊です。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がどんどん変わっておもしろい

    • 小百合さん
    • 20代
    • その他の方
    • 広島県

    友達にすすめられて読んでみました。
    すると、大人でも思わず笑ってしまうかわいらしい一場面も。。。

    アンリというおばけちゃんのいたずらっこなところが、子どもの心をつかみます!!!

    もともと白いおばけちゃんたちが、アンリの料理を食べて、いろんな色に変身したり、消えちゃったり・・・・

    絵を見れば分かるので、展開も分かりやすいし、とっても面白くておすすめ。

    きっと子どもさんのお気に入りになると思います!

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルだけど楽しい

    • 稲穂さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳、女の子0歳

    食べたものに反応して、形が変わったり、色が変わったりする
    おばけたちの晩餐会はとても楽しそう。

    ラストの食べると透明になっちゃう特別メニューのお味は
    なんだったのか、子どもたちも興味津々でした。

    しかし、何度読んでも、アンリがいなくなる所では
    「ここにいるんだよね」と確認し、「ばあ」と出てくる所で
    毎回笑える子どもたちがちょっと羨ましいです。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけパーティ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / ちょっとだけ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / キャベツくん / つきよのキャベツくん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット