ムーミン谷へ ようこそ ムーミン谷へ ようこそ
イラスト: トーベ・ヤンソン  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
ムーミン谷にくらす人々を紹介するパノラマ絵本

もこ もこもこ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

もこ もこもこ 作:谷川 俊太郎
絵:元永 定正
出版社:文研出版 文研出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1977年04月
ISBN:9784580813953
評価スコア 4.72
評価ランキング 865
みんなの声 総数 660
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さわったらどうなるのかな

    もこもこもこは一体なにものなんでしょうか

    にょきにょきをもぐもぐ食べちゃったら

    つんが生えてきて それがぽろりと落ちて ぷぅ…

    う〜ん? なんだかわからないけど 面白〜い 心地良〜い

    なんだかわからないからこそ たまらなくいい

    読む人によって自由にイメージできる

    同じ人が何回読んでも毎回違う感覚が味わえるかもしれない

    音読のしかたによっても もこもこもこはさまざまに変身してくれそう

    さわったらどうなるのかな… 匂いはあるのかな…

    あなただけのもこもこもこを楽しんでくださいね♪

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今でも好きです

    「もこもこもこ」は子どもの出産祝いでもらってからずっと読み続けています。
    赤ちゃんの時は、じーっとみつめていたり、時々笑ったり。おしゃべりができるようになってからは、いっしょにプーとかパチンとかいうのを楽しみました。
    5歳になった今でも時々持ってきて読んでといいます。一つ一つの場面に対して子どもがいう台詞がいつまでもおもしろく、一緒に読んでいていつまでもあきない楽しい絵本です。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りです

    • 雪の結晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    始めてよんだ時には、きょとん!!でしたが、
    徐々にはまったようで、つぎからは、これこれっ!!
    ともってくるようになりました

    うちでは、ぷうっと膨れるところがおきにいりのようです。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一家に一冊!

    • みきけいさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子15歳、男の子13歳、男の子7歳

    幼稚園で仕事をしていますが、読むたび、「家にある〜」とか「知ってる〜」「見たことある」など、読んだ事のある子がジャンジャン増えてきています。
    それでも、静かに聞き入っている姿や、暗記していて一緒に読み進む姿など、どの子も真剣に聞いているのが良くわかります。
    一番大好きなシーンは「しーん」です。
    みんな静かに聞き入っていて、読んでいる方も静かに感情を込めて読みます。
    子どもも好きですが、私も大好き。
    絵も素敵で、額に飾っておきたくなります。
    とても感性が育つ絵ではないでしょうか。
    一家に一冊の日も間近だと思います。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぽろりがいいねぇー

    まま、このぽろりってとこが
    いいね。おもしろい!!
    ひとりでうけていました。
    少ない言葉の中に
    子供を楽しませてくれる要素がたくさんあるところが
    とても魅力的です。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園に入ってから興味を示しました。

    息子が小さい頃、2歳とか3歳くらいの頃。
    図書館で何度か借りて読んだこちらの絵本。
    反応がイマイチだったんです。

    最近。
    「ココロのヒカリ」と「もこもこもこ」が2冊セットで(サイン入りで)入手できる企画がこちらであり、運よく購入することができました。

    幼稚園になった息子に見せると反応大!
    「にょき」「もこ」とページをめくるたびに笑顔。
    「この絵本ね、幼稚園にもあるんだよ。楽しいよね」ですって。

    私の息子は5歳ですが、赤ちゃん用タイプの絵本も児童書のような長い文章もどちらも楽しむことができます。
    短い文章が多い赤ちゃんタイプ絵本の場合は、歌うように読んだり、そのページと同じように跳んだり跳ねたりして楽しんでいます。
    もこもこもこは、1ページごとに表情を変えて楽しんでいます。

    大人の読み方でも子どもの受けとらえ方が違ってくると思いますので、大人の方も是非楽しんで読んであげてください。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の目線で絵本を感じるのにお薦め

    この絵本の中身を知ったのは、娘の幼稚園の保護者参観の時でした。参観日の度に子供たちに好評な本を先生が紹介して下さったのですが、その中で特に印象に残ったのがこの絵本でした。ほとんど「もこもこ」ぐらいしか言葉のないこの本のどこがおもしろいのと思っていた当時の私の固定観念というか絵本の奥深さを知らなかった私に衝撃を与えたのは、読み聞かせを夢中になって見聞きしている子供たちの姿と、単純な「もこもこ」という言葉に様々な表情を込めて語る先生の語り口でした。先生の絶妙な語り口と子供たちとのやり取りを聞いていると、聞いている私にもいろいろな景色が見えてきました。想像が無限大に自由に広がることができる本が子供たちが大好きなのだということを実感した絵本です。子供と一緒に1ページづつゆっくりとめくりながら、今日の天気とかあれこれと脱線しながら読むと楽しいと思います。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「もこ もこもこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / だるまさんが / よるくま / ねないこだれだ / おおきなかぶ / がたんごとんがたんごとん / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


全ページためしよみ
サイン本販売中