だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

やさしいライオン」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

やさしいライオン 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1982年
ISBN:9784577003022
評価スコア 4.79
評価ランキング 374
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せつない・・・

    娘とやなせたかし展に行き、売店で購入した絵本です。
    その頃アンパンマンにはまりまくっていた娘ですが、他のアンパンマン絵本にはなぜか見向きもせず、「これ読んで」と持ってきました。
    まだちょっと難しいかな、と思いましたが、お店の人に「この本、とっても悲しいお話だけど、いいですよ」と勧められたので購入しました。

    帰宅して読んでみると、悲しくて切ない・・・
    犬とライオンだけど、お互い母と子を想う気持ちであふれています。

    このお話の意味を理解しているのかは不明ですが(犬とライオンがかわいい、というだけかもしれませんが)、娘はこの本がとにかく気に入ったようです。
    自分なら店頭に並べられていても選ばなかったかも知れませんが、子供の心に響く何かを、やなせさんは持っていらっしゃるのかも知れません。

    大切にとっておきたい1冊です。

    掲載日:2011/12/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • かなしいお話

    • すっくるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    やさしいライオン・・・題名に惹かれて手に取った。
    やなせさんなんだ。アンパンマンの印象が強いからちょっと興味津々。
    娘に一緒に読もう!っと誘って読み聞かせしたけれど。。。。
    とっても濃い内容。アンパンマンとは全く空気感の違う
    ストーリー展開に、ママの方が戸惑ってしまったわ。

    やさしい犬に育てられたライオン。
    最後には打たれて死んじゃうなんて。

    横で聞いていた娘の目に涙が浮かんで
    目をいっぱいこすってた。
    意味わかったのかな?
    なんだかその娘の姿に、こっちまで涙が出てしまった。

    それから本屋で見ると何度か読んでといわれる。
    子供だから明るいお話が好きってわけでもないんだなと感じたり。
    毎回涙を拭きながら聞いている娘。

    いまだに購入して与えるべきか悩む一冊です。

    掲載日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちんちんおっぱい

    やなせさんの絵本ということで
    アンパンマン以外でどんな話しを書いていたのか
    気になって借りてきました。

    最後の展開に衝撃でした。
    ライフル辞めて〜!と叫んでしまいました。

    どこか遠くにいても親子として育った二人の絆は
    深いところで結ばれていたんですね。
    離れているからこそ相手を思いやれるのでしょうか。

    息子は
    ちんちんおっぱい!
    と連呼しておりますが。。。

    ブルブルが大きく立派に成長していく姿が
    凛々しくて息子と重ねてしまいました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 泣けるお話

    主人の母のおすすめで購入した絵本なのですが、
    大人の方がじーんときてしまうお話です。
    親子の絆を深く感じさせてくれる、とっても
    素晴らしい絵本です。
    やなせさんの絵本には、アンパンマンといい、
    愛情が深いものが多いです。
    優しい気持ちになれる絵本です。
    娘には、これから先も、何度も読んであげたい
    絵本だと思いました。

    掲載日:2013/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しみに触れて、また成長したかな

    • ヨコリーさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    私が保育園の時に読んだのを記憶しています。

    まだ死の意味を理解していない娘ですが、警官隊が銃でブルブルを打ったシーンを読んでいたら、「打ってはいけないのに、ブルブルは優しいライオンなのに…」と私に続いて繰り返しました。悲しい気持ちはわかるんだなぁと娘の成長を感じました。

    こどもには印象深い本だと思います。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やさしいライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット