ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

やさしいライオン」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

やさしいライオン 作・絵:やなせ たかし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1982年
ISBN:9784577003022
評価スコア 4.79
評価ランキング 374
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「パパ」が絵本にはまってしまった…

    • すとーんずさん
    • 30代
    • パパ
    • 長野県
    • 女の子12歳、女の子4歳

    3歳だった娘と、しょうがなく図書館で時間を潰していた夕方。
    眠かった私に娘が「これ読んで!」と一冊の絵本。

    「やさしいライオン」…

    しゃーない、読んでやっか。

    口に出して読んでたら、涙で声が出なくなりました…


    後日、自分のために買いました。

    娘の手が届かないところに置いてあります。

    掲載日:2010/08/16

    参考になりました
    感謝
    4
  • 人間のエゴが導いた悲劇

    • オユマーさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子3歳

    ライオンの子ブルブルは犬のムクムクに育てられます。たとえ本当の親子でなくても、そのまま平和に暮らす道もあったはず。なのに人間のエゴで引き離された上、最後は銃を向けられて・・・。人間の目から見ると、逃げ出したライオンは獰猛で怖いけれど、ブルブルとムクムクの立場から見ると、人間は何て残酷な生き物なんだろうか、と思わずにはいられません。ブルブルとムクムクの愛くるしい表情を見ていると、どっちが人間らしいんだろうとか、どうして人間は愚かなのだろうと、いろいろなことを考えてしまいます。
    子供向けの絵本なのですが、読みきかせている親の自分の方が、いろんなことを考えさせられてしまいました。
    子供たちはどこまで理解して読んだかは分かりませんが、この絵本ももう少し大きくなってからまた読ませたいなと思いました。
    やなせさんの絵本はアンパンマンのイメージだけで手に取ると、よくも悪くもその大きなギャップに驚かされます。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やさしいライオン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット