あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

こぐまちゃんとぼーる」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

こぐまちゃんとぼーる 作:わかやま けん
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1970年10月
ISBN:9784772100212
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,263
みんなの声 総数 79
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ボールと戯れる姿がかわいい!!

    息子も私も大好きなこぐまちゃんシリーズの絵本です。

    ボールも大好きな息子に購入しました。開けてみると、ボールと戯れるこぐまちゃんの姿がとてもかわいらしい♪やはりどれも絵がかわいいですよね。

    途中でボールを見失って悲しい…という気持ちと、ボールが見つかったときのうれしい気持ちがとても伝わってきました。探してる時の不安そうな気持ちも、読んでいる私まで心配になってきちゃいました。

    大好きなボールが主役として絵本に登場する楽しい絵本です。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ボール待て待て

    こぐまちゃんシリーズ大好きです。4歳の今でも好きです。
    こぐまちゃんとボールは丁度家の中でボール遊びを始めた頃に読み聞かせしました。
    まだまだ牛乳屋さんとかはわかりませんが、コロコロ転がって待て待てと追いかける。
    特に高い高いと放り投げるシーンは、体操教室でやり始めて楽しかったらしく読み聞かせをすると真似っ子をしてました。

    最後はボールが無くなった時もどこへ行ったのかな?っと探したり無くなって泣いてしまうことには共感しているようでした。
    全身で楽しんでいました。

    掲載日:2016/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なくしたもの、見つかった喜び

    ボール遊びが大好きなこぐまちゃん

    でもボールえをなくしてしまいます。

    一生懸命探しても見つからない。

    こぐまちゃんは泣いてしまいます

    でも牛乳屋さんが届けてくれた。

    喜ぶこぐまちゃん。

    息子はまだ、なくす、探す、みつかる
    がよくわかってないような気もしますが
    気に入って読んでくれています。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール大好き

    子ども達って、ボール遊び好きですよね。息子も、ボール遊び大好きです。こぐまちゃんが楽しそうにボール遊びしているので、この絵本を読んだ後は、ボール遊びしたくなっちゃいます。また、こぐまちゃんシリーズは、文章が簡潔というのでしょうか、シンプルで、そこが私は好きです。小さいこどもにもわかりやすいと思うし、こどもが文字を覚えたので、自分で本を読む時も読み易そうです。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボール好きな息子に

    読んであげました。もう幼いのかな?何度か読んでおしまいでした。ホットケーキは凄い好きなんですけどね。1歳台だったらもっと反応が良かったかなって思います。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日常生活の話なので親しみやすいです

    2歳まで本にはほとんど興味を示さなかった息子ですが、こぐまちゃんシリーズは大好きになりました。こぐまちゃんといえば、ほっとけーきですが、うちの息子は”ぼーる”や”どろあそび”などが大好きです。日常生活のお話が書かれているのでとっても親しみやすいようです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 道路で蹴っちゃいかん

    ボール遊びが大好きな息子ですが、この絵本はあまり好みませんでした。今の息子には、ちょっとスリルが足りなかったのかもしれません。

    親の立場から見てですが、こぐまちゃんが道路でボールを蹴っている場面に驚きました。牛乳屋さんのトラックに間違って乗ってしまい、あとで牛乳と一緒に届けられるというハプニングなのですが、そもそもボールを道路で蹴ってはいけません。

    子どもはすぐに真似をするので、私はこのような場面は受け入れられませんでした。(道路で蹴ったら危ない!ということを描いてほしいというわけではなく、公園や庭で遊ぶという設定で良かったのにと思うのです。)

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうなボール遊び

    こぐまちゃんはボールが大好き。
    「たかいたかい」とボールをほおたっり、転がるボールと競争したり。
    でも、はずみでボールがどこかに行ってしまいます。
    「ぼーるは どこに いったのかな」とボールを探す、こぐまちゃん。
    ついにはボールが見つからないと、泣き出してしまいます。

    とても簡潔な絵ですが、こぐまちゃんが力いっぱいボールと遊んでいる様子が、よく伝わってきます。
    で、ボールがなくなった時の寂しい気持ちもよく分かるのです。
    最後は牛乳屋さんがボールを見つけてくれて、こぐまちゃんの喜ぶ様子に、ほっと心が温まります。

    とってもこどもらしいこぐまちゃんには、こどもも大人も夢中になってしまします。

    掲載日:2010/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なボールだから

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子2歳

    おねえちゃんが、定番「ほっとけーき」や「さよならさんかく」を持っていて、下の子のために持っていないこぐまちゃんを。。。と本屋さんに。
    ボール遊びが大好きな2歳の男の子。
    気に入ったのはやっぱり『ぼーる』でした。
    昨日も土日、パパとボール遊びが尽きず、やっとじょうずに投げ、受け止めるのも上手な年頃、もっと小さな一才代から、「ころころ」などまーるいものがでてくる絵本は大好きでしたが、この絵本のいいところは、「ボール投げてどっかにいっちゃった」けど、ちゃんともどってきて「ありがとう」のところ。
    上手になったとはいえ、百発百中でないボール投げ、思わぬところに投げてしまうのが、臨場感溢れる設定で、こぐまちゃんが「えーんえーんしてる」など、身近な感情がよく伝わるようです。
    もう一つ、うちにあるこぐまちゃん絵本はなぜか白、オレンジ、黄色でしたので、この「ボール」が「青」であったことは、ポイントです。
    「あお、あお」と、新しい絵本が大変お気に入り。
    全部こぐまちゃんを順に並べて、端から嬉しそうに読んでいます。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ボールが大好きだった息子に

    赤ちゃんのころからよく読んでいました。
    青が基調となった絵は目を引くのか良く見ていました。
    2歳前になりボールが好きだった息子は ボールがどんどん弾んでいく様子を楽しんでみていました。
    他のこぐまシリーズもお勧めですが ボール好きの子供にはもってこいです。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こぐまちゃんとぼーる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / 三びきのやぎのがらがらどん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット