庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おさるとぼうしうり」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるとぼうしうり 作・絵:エズフィール・スロボドキーナ
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1970年02月
ISBN:9784834009798
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,639
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好きです

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    派手じゃないのに印象深くて、子どもにおもねってない感じが、けっこう好きです。もちろん絵本は子どもたちが楽しく読むものだと思いますが、字が読めない小さな子ほど、絵だけじゃない魅力を感じ取っているようです。おさるが帽子売りの真似をするところでは、分かりやすいように読みながら指差したり足を踏み鳴らしたりしていますが、2歳10ヵ月の娘でもこのお話は集中してよく聞いてくれます。

    掲載日:2011/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が受ける!

    図書館で目につくところに展示してあり、少し難しそうだと思いつつも、2歳半の息子と一緒に読んでみました。

    肝心のオチは息子にはまだわからなかったようですが、帽子を頭に積み重ねているおじさんの姿は衝撃だったようで、食い入るように眺めていました。また、昼寝から目覚めたら帽子がなくなっていたことも驚きだったようで、「ない!ぼうしがない!」と騒いでいました。「おさるさんがとっちゃったの???」と怪訝な様子。意外と分かっているんだな、とこちらがうれしくなりました。

    アメリカっぽいユーモラスな絵本だと感じました。もう少し大きくなったらまた試してみたいです。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • そろそろ購入しなくっちゃ。

    図書館の棚で、もうすぐ2歳の娘が一目ぼれ。

    この味わいのある版画。
    この絵に惹きつけられるなんて、なかなかシブイじゃない?
    なんて思いつつ、娘が抱え込んで離そうとしないので、中を見ることもせずに借りて帰りました。

    いざ、読んでみると・・・
    うちの娘、こんなに集中力あったかしら?
    もう、お話に夢中になっているのが、表情から伝わります。

    話は、ものまねが好きなおさるさんに、ぼうしを取られてしまったぼうしうりが、謀らずもぼうしをとりかえすまでのお話。
    キャラクターの設定も、ちょっとシュールな絵も、ストーリーも。完成度の高すぎる絵本です。

    その後、何度も借りていて、そろそろ買わないといけになぁ。と、思っています。

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるとぼうしうり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット