庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おさるとぼうしうり」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさるとぼうしうり 作・絵:エズフィール・スロボドキーナ
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1970年02月
ISBN:9784834009798
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,636
みんなの声 総数 41
「おさるとぼうしうり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白い

    まず、帽子売りの営業スタイルが斬新!そこですごく興味を持って息子はとても楽しんでいました。おさる登場からも「ツーツーツー」とお猿に言われるたびに怒っていく行商人がおかしくて。最初、おさるのしていることを理解してなかった息子。でも、最後のおさるの行動で理解できてからは成る程といった表情でした。

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどなるほど

    最後になって、やっとさるが何をしていたのかわかりました。
    帽子を頭の上に重ねて売り歩く帽子売りの、突飛な姿に惑わされてしまったようです。
    帽子売りにしても、読めない展開だったのではないでしょうか。
    とぼけたお話ですが、楽しいお話でした。

    掲載日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんなお話かと思ったら

    どんなお話なんだろうと思ったらとてもユニークなものでした。

    絵は淡々と描かれているのですが、途中から出てくるおさるとぼうしうりのやり取りが楽しいったらないです。

    「ツーツーツー!」
    この言葉が一時期家で流行ったくらいです(笑)

    おさるたちの悪気のかけらも感じられないかわいい顔、おもしろいほどにぼうしうりのマネをしてくる様子。
    おじさんの怒りは余計にヒートアップしてくる様子もはたから見ていておもしろいです。

    これはおもしろい本に出会えました。

    掲載日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な魅力

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    色遣いといい、個性的な絵といい、なんだか癖のあるお話のように思えて借りてみました。
    結果は・・・確かにちょっと変わったお話で、ちょっと面白いという感じでしょうか。
    ラストは想像できてしまいましたが、オチとしてはなかなか面白いのではないでしょうか。
    ぼうしうりのおじさんの絵は笑えますよ。子供もそれが一番受けていました。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさると男が対称的でユーモラス

    この生真面目であろうぼうし売りのおじさんと、まったくおじさんとは正反対の性格と思われるのんきなおサルさんとの掛け合いが絶妙です。
    かたや、カンカンに怒っているのに、かたや、おもしろがっている。
    そのアンバランスがなんともおかしい。
    おじさんが怒れば怒るほど、笑えます。まじめなおじさんと動物たちの不思議な関係、ちょっと「ルラルさん」のお話を思い出しました。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさるとぼうしうり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット