だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

りんごがたべたいねずみくん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

りんごがたべたいねずみくん 作:なかえ よしを
絵:上野 紀子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1975年05月
ISBN:9784591004739
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,347
みんなの声 総数 83
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よかったね、ねずみくん

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    木になった赤いりんご、でも木が高すぎてねずみくんには
    届きません。

    とりくん、さるくん、ぞうくん、とつぎつぎに
    やってきて、りんごをとっていきました。
    うらやましいねずみくん。
    ねずみくんはりんごをたべられるでしょうか。

    モノクロの絵のなかでりんごの赤がとても映え、おいしそう。
    ちょっとドキドキする展開です。
    ・・・でもよかったね、ねずみくん。
    ちゃんとりんごを食べることができました。
    それもとても素敵な方法で。

    文字を抑えた絵本ですが、とても多くを語っている
    本だと思います。
    大きな子が自分で読んでみるのもおすすめです。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 試行錯誤

    一本の木に実ったりんご。
    いろいろな動物が訪れては、そらの上から、木に登って、長い鼻を使って・・・りんごの実をとっていきます。
    ちいさなねずみくんは、りんごの木を見上げるだけでとることができません。
    そこへあしかくんがやってきて・・・。
    あしかくんも、ねずみくんも一人では取れなかったけれど、二人で協力してりんごを手に入れることができました。
    誰かを羨むよりも、自分にできることを考え、工夫するすがたが、とても素敵です。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の良さ

    シンプルなストーリーながらも、
    大事なことを的確に表現出来ているすばらしい作品だと思います。

    できることとできないこと。
    みんな誰でもできることとできないことがある。

    壁にぶつかった時、
    挫折を経験した時、

    そっと差し出すと、いくつの人でも心にぐっとくると思います。

    子育てで悩んでいるママにもおすすめかもしれません。

    できないことを嘆くより、
    得意な事を見つけ伸ばしていくことの方が、
    親も子どもも成長できますからね。


    息子はまだ4才なので、
    絵本が伝えたいと思うことが全て伝わっている訳ではないと思いますが、
    もう少し大きくなってつまずいたら、声をかけ言葉を並べる前に、
    この絵本を差し出せる余裕のある母でいたいと思います。

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな特徴

    りんごがたべたいねずみくんですが、飛んでもだめ、手を伸ばしてもだめ、色々試すのですが、出来ません。ああ、空を飛べたらいいのにな、ぞうみたいに、きりんみたいに、、、皆がうらやましく感じます。けれどアシカくんがきて聞いてみると、そんなことできないけど、自分にはこれができるよ、と言わんばかりに、、、この最後のページに説明がないのがいいなと思いました。
    それぞれの特徴があって生きていて、だからいいのだと思えます。

    掲載日:2014/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくんシリーズ第2作品目

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    赤く熟れたりんごが高い木になっているけど、
    小さいねずみくんにはとれません。

    空を飛べなくても、木のぼり出来なくても、
    鼻が長くなくても、首が長くなくても、
    高く跳べなくても、力が強くなくても、
    あしかくんと力を合わせたらとることができました!

    さまざまな動物たちの特徴が出てきたり、
    最後にはちゃんとりんごをとることが出来たし、よかったです。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お見事☆

    りんごたべたいなぁ・・・
    と、木を見つめるねずみくん。
    そこへ次々と動物が現れ、それぞれの特技を生かして、
    軽々とりんごを手に入れていきます。
    ねずみくんは、同じようにマネするも全然うまくいかない。
    でも、アシカくんとお互いの特技をあわせて
    見事りんごをGET☆

    娘は、ねずみくんがぞうやキリンのマネをして、
    鼻や首を伸ばしてる姿にウケてました☆
    りんごをGETしたアシカくんの「喜びの芸」もウケてました☆

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1つ得意なことがあればいいんだよ。

    • りょうあおさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    あれも出来ない、これも出来ない、と悩むより、たった一つだけ得意なことがあればいい。4歳の娘に読んであげようと思った本だけど、6歳の息子にも是非これは聞かせてあげたいと思いました。他の人が出来ることを自分が出来なくても、自信をなくさず自分の出来ることをやればいい。そういう気持ちをずっと子供に持ち続けて欲しいです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみくん、かわいい!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子4歳、女の子0歳

    「みんな、ねずみくんにとってあげればいいのにね〜」と娘が一言。
    確かにその通りです。
    最後は、あしかくんと協力して、リンゴをとることができたねずみくん。よかったです。

    この絵本を読んでいておもしろいのは、それぞれの動物みたいに、「○○だったらな〜」とねずみくんが試しているところ。
    ぞうくんみたいに鼻が長かったらと一生懸命に鼻を伸ばしているところが私と娘のお気に入り。
    とってもかわいいねずみくんです。
    この絵本には、ねずみくんのかわいさが満載です!

    ねずみくんのシリーズは、これからもたくさん読んでいきたいです。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「りんごがたべたいねずみくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット